TVer広告が完全視聴課金(CPCV課金)を導入・・・日本の大手動画媒体として初

株式会社TVerが、TVer広告の課金形態として、今までの広告表示ベースの固定単価でのCPM(Cost Per Mile)課金に加えて、完全視聴ベースのオークション形CPCV(Cost Per Complete View)課金を導入したと発表しました。

TVer社は、民放各局が制作したコンテンツを完全無料で視聴できる民放公式の無料動画配信サービス「TVer」を運営する企業です。2020年10月、同社は運用型広告として「TVer広告」をリリース。高精度ターゲティングにより、テレビを含むあらゆるデバイスで最適な広告配信を可能にしています。

TVer広告の課金形態は、これまで広告が表示されたタイミングで料金が発生する、固定単価でのCPM課金モデルでした。しかし同社は、動画広告では広告が少し表示されるだけではメッセージが伝わりにくく、最後まで視聴されてこそ大きな効果が得られると判断。最後まで動画をしっかり見てもらいたいという広告主ニーズと課金のタイミングを一致させるため、日本の大手動画媒体として初めて完全視聴ベースの課金形態であるCPCV課金を導入するに至りました。

また、CPCV課金においては、広告主からの要望の強かったオークション形式を導入。これにより、単価固定ではできなかったよりきめ細やかな運用が実現するとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,429フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事