外国人向け求人掲載メディア「YOLO JAPAN」が総額3.3億円の資金調達

外国人向け求人メディアを運営する株式会社YOLO JAPANは、日本再興投資事業有限責任組合などを引受先に第三者割当増資で総額約3.3億円の資金調達を実施しました。累計での資金調達額は、複数金融機関からの融資契約を含めて総額で約14億円となります。

国内で求人需要が増加する中、226ヵ国20万人の在留外国人が登録する「YOLO JAPAN」では、人手不足が多いと言われる製造業や清掃業、観光業や宿泊業などから問い合わせが増え、今年10月には求人掲載数が前月比30倍になりました。今後、経済再開による人手不足で、外国人労働者の雇用が求められるようになると予想されるものの、新しく日本に来る外国人はまだ少なく、コロナ以前のような採用は進まないといいます。「YOLO JAPAN」は永住者・定住者・配偶者などを対象に、求人掲載から採用後のフォローまでワンストップで行う新しい人材スキーム「YOLO WORK」を提供。今後の外国人人材活用サービスの主力にするとしています。

「YOLO WORK」は、多言語求人メディアと福利厚生代行サービス「YOLO LIFE」を組み合わせたプラットフォームで、6言語で外国人求職者の募集が可能。全ての求人掲載企業で過去15日間に登録された外国人の基本情報や日本語スキルなどのデータベースを見ながら直接メッセージが送ることができる「スカウト機能」も実装。採用後も附属の福利厚生代行サービスの活用で離職率を下げ、継続的な人材確保ができるよう働きかけます。

同社は今回の資金調達で、人手不足の企業へのPRと新機能の追加やシステム改善を進めるとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger