カオナビの人材データプラットフォーム構想

人材管理システムを提供する「カオナビ」が、成長可能性に関する資料を公開。中期成長のグランドデザインとして、売上高100億円、営業利益率30%を目指すことを示した。

注目する理由: カオナビは人材管理に加え、労務給与計算など外部サービスと連携できる。働き方の多様性とともに重視されるタレントマネジメントで、「人材データプラットフォーム」構築を構想に掲げる。

カオナビ 売上計画

タレントマネジメントシステム『カオナビ』サービス開始は2012年。来年4月で10周年を迎える。社員の顔を「見える化」するというアプローチは、タレントパレットはじめ競合他社も導入する部分となった。

成長戦略の二本柱が「利用企業数」「ARPU(顧客単価)」それぞれの拡大だ。

利用企業数は2021年3月時点で2,061社(前年比15%増)と、前年までと比べ獲得は鈍化。認知度向上やセールスパートナー活用、解約抑制で継続的な拡大を目指す。

ARPU拡大に寄与するのは登録人数の拡大と、追加オプションの利用。エンタープライズ企業の増加も寄与するほか、「人材データプラットフォーム」の構築を掲げる。

人材データプラットフォーム構想は、人材教育や人事コンサル、適性検査、求人マッチングなどに使える包括的なプラットフォームを目指すというもの。2017年より資本参加したリクルートとの協業も駆使する。

タレントマネジメントシステム市場は約2,000億円と、現段階では市場はさほど大きくない。一方、上記構想が実現できれば、TAM(市場機会)は8.4兆円に広がるという。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,472フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事