Retty、飲食回復を見据え4.7億円投資

グルメ情報サービスのRettyが12月24日、成長可能性に関する資料を公表した。飲食店のDX推進と営業強化のために計4.7億円を投資。苦境を乗り越え、2024年9月期の黒字化を目指す。

注目する理由: Rettyは昨年10月に東証マザーズ上場。コロナ禍もあり2期連続2.8億円の営業赤字となった。再成長に向け掲げるのは「DXプロダクト」のラインナップ強化だ。

点数評価のない実名の口コミが特徴。信頼できるヒトから、自分にあった店を見つけられるというのがコンセプトだ。飲食店からは「常連に強く、勝手に点数をつけられない」点が好評を博す。

Retty 売上高

有料店舗数は2021年9月に8,350店舗。2020年9月期末から1,380件減となったが、多くはチェーン店舗向けトライアル契約だという。個店を主な対象とした通常契約は微減だったと胸を張る。

月間利用者数は復調の兆しを見せ、店舗も集客・DXに積極的な意向を見せる。コロナ禍でDXニーズが顕在化したとみて、今こそ投資実行に適したタイミングだと判断する。

DXプロダクトに3.2億円を投資し、モバイルオーダーやテイクアウトに関する機能を開発。提携やM&Aも視野に入れ、飲食店経営をDXする「統合的なプロダクト群」を目指す。

飲食店への販売チャネル強化には1.5億円を投資。直販チャネルは新卒で年30人程度を採用するほか、外部販売体制構築への投資も進める。

2022年9月期の営業損失は7.6億円を見込む。今後2年間は成長のための投資期とし、2024年9月期での黒字化を目標とする。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,455フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger