TOKYOカルチャーを代表する雑誌「FRUiTS」が創刊号の写真をNFTマーケットプレイス「Foundation」にて販売

アソビシステム株式会社ParadeAll株式会社Fracton Ventures株式会社の三社が、NFTを活用したオープンメタバース上の文化都市「メタトーキョー」(英語:MetaTokyo)協力のもと、TOKYOカルチャーを代表する雑誌「FRUiTS」の創刊号に掲載されたストリートスナップをNFTとして販売すると発表しました。

販売するNFTフォトグラフィー(一部)

「FRUiTS」は、世界的に有名な写真家である青木正一氏によって1997年に創刊され、ストリートスナップを通して世界に「原宿ファッション」を知らしめた雑誌です。今回、「FRUiTS」の創刊号に掲載されたストリートスナップを、アートに特化したNFTマーケットプレイス海外大手「Foundation」にてオークション販売することが決定。NFTフォトグラフィー(NFTphotography)と呼ばれる背景が伝わるNFT写真は、世界のトレンドとなっているといいます。

販売される画像には、雑誌用にトリミングする前のフィルム全体のデータを採用。雑誌用にトリミングされていないため、被写体と周囲との関係をより写していて、雑誌に掲載した写真とは一味違ったドキュメンタリー写真になっているとのことです。

「FRUiTS」のNFTフォトグラフィーは、日本時間2022年1月7日23時より販売開始。順次、各作品毎に最初の入札から24時間のオークションが開始されます。

メタトーキョーとは、NFTを活用したオープンメタバース上の文化都市のことです。デジタル上の文化都市の創出とエリア開発、NFTを活用した日本からグローバルへのデジタル文化輸出、Web 3.0におけるTOKYO発のグローバル・クリエイター・エコノミーの実現を目指すとのことです。

本企画スタートに合わせて、2022年1月7日22時よりFRUiTS公式アカウントとMetaTokyo公式アカウントにて写真家青木正一氏を迎えたオンライン・トークイベントも開催されます。
FRUiTS公式Twitterアカウント:https://twitter.com/FruitsMag
MetaTokyo公式Twitterアカウント:https://twitter.com/themetatokyo

また、本企画を記念してメタトーキョーの「デジタル・パスポート」として機能するNFT「MetaTokyo Pass」のコラボバージョンとなるMetaTokyo Pass Gen1.1が現在販売中となっています。

コラボ版の「MetaTokyo PASS Gen1.1
2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,453フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger