アイレップ、検索連動型広告のテキストを自動生成・効果予測するソリューション「H-AI SEARCH」の提供を開始

株式会社アイレップは、14日、検索連動型広告の広告テキストを自動生成し、事前の広告配信効果の予測を可能にしたAIソリューション「H-AI SEARCH」(エイチ・エーアイ・サーチ)の提供を開始したことを発表しました。

昨今、インターネット広告の需要が急速に拡大する中で、検索連動型広告の需要も拡大し続けています。検索連動型広告の広告効果を最大化するには、キーワードと関連性の強い広告テキストの設定が重要になりますが、人力では対応が困難なため、AIを活用して広告運用の最適化を図るケースが増加しているといいます。

今回アイレップが発表したAIソリューション「H-AI SEARCH」は、テキストの自動生成機能と広告配信効果を事前予測する機能を兼ね備えています。そのため、より効率的に広告配信効果の改善に取り組むことが可能になるとのことです。

なお、今回の取り組みは、クリエイティブ領域におけるAI技術の産学連携の学術研究からプロダクト開発、クリエイティブ業務のワークスタイル変革までもを担う博報堂DYグループ横断型の研究開発組織「Creative technology lab beat」の活動の一環として行われています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事