パブリッシャーのeコマース戦略、規模の大きさが正義?【Media Innovation Daily】1/19号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。今春の花粉飛散量は去年の1.5倍だそうです。毎年、「前年より多い」と聞いている気がしますが、しっかり準備しようと思えるので良いのかもしれません。

「Media Innovation Daily」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

1月20日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

A startup that rates the reliability of news sources says it’s making a profit (CNN Business)

「ニュースソースの信頼性を評価するスタートアップが、利益を上げているという」

4年前に設立された、ニュースサイトの信頼性を評価するブラウザ用プラグインツール「NewsGuard」。情報源の信頼性への関心が高まるなか、主に広告ライセンス契約のおかげで2021年の収益は前年から倍以上に増加しました。アルゴリズムを用いず、人間の目によって厳しく評価することを強みとしています。

New Bill Would Outlaw Most Forms Of Behavioral Targeting (MediaPost)

「行動ターゲティングを違法とする新法案」

米国で、企業による広告ターゲティング目的のデータ使用を禁止するプライバシー法案が提出されました。類似する他の法案と違うのは、ユーザーからの同意を取得さえすればよい、というわけではないということ。

Cookie同意をめぐり高まる懸念と、警戒心を強める広告主:「いま問題なのは、パブリッシャーへの信頼だ」 (DIGIDAY 会員限定記事)

2022年施行!いまさら聞けない、改正個人情報保護法のキホン (DAC Solution Service)

動画マーケティングプラットフォーム「Firework」のECサイトでの活用事例 (DIGIFUL)

YouTube Shuts Down Original Content Group (Variety)

「YouTube、オリジナル・コンテンツ・グループを閉鎖」

1月20日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

成長し続けるオンラインショッピング、パブリッシャーのeコマース戦略・・・レポート「Media Moments 2021」【会員限定】

パンデミックで利用が急激に増加したeコマースは、パブリッシャーにとっても重要なビジネスチャンスと捉えられています。2021年、世界のパブリッシャーは、自社のコンテンツをいかにeコマースの収益に繋げるか、という課題に取り組んできました。別会社の設立やM&Aによる大規模な取り組みを行なう企業から、最新技術を活用する企業まで、さまざまな事例があります。

広告非表示プラグイン AdBlock Plusは「著作権侵害ではない」との判決・・・独アクセル・シュプリンガーが敗訴【会員限定】

アクセル・シュプリンガーは、広告ブロックツールが企業の著作物であるコンテンツの表示方法を変えてしまうことは著作権法違反であると主張していましたが、裁判所はこれを退けました。同社はこれまでに何度か敗訴しているものの、引き続き広告ブロックツールと戦う姿勢です。

doublejump.tokyoが複数人での秘密鍵管理サービス「N Suite」を先行リリース開始・・・企業のNFT活用を支援

講談社の女性向け雑誌「with」が定期刊行終了・・・「with online」を中心に、よりクオリティの高いコンテンツを目指す

リクルート、動画コンテンツの宣伝動画を集める「WatchHub」をリリース

ソフトウェア検査サービスのSHIFT、顧客数・単価伸ばし営業利益2.6倍

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事