米アップル、iPhoneやMac好調で23%増益

米Appleが1月27日、2021年10~12月期決算を発表。売上高は前年比11%増の1,239億4,500万ドル(約14.3兆円)と過去最高だった。営業利益は23%増の414億8,800万ドル(約4.8兆円)。iPhoneなどの販売を伸ばし、一株利益は2.10ドルと市場予想平均の1.90ドルを上回った。

iPhoneの売上高は9%増の716億2,800万ドル。2021年9月に高速チップを搭載し、ディスプレーやカメラ性能を高めたiPhone13プロを投入。機能性とブランド力で順調に販売を伸ばした。

画像名

独自半導体「M1」が人気のMacの売上高は25%増の108億5,200万ドル。ウェアラブルとホーム製品・アクセサリーは13%増の147億100万ドル。動画配信などサービス部門も伸びた。

ティム・クックCEOは2021年10月に半導体などの供給制約が60億ドル超の減収要因になると語っていたが、新製品投入などで克服。

地域別の売上高は中華圏が21%、その他アジアが19%、米国が11%、欧州が9%それぞれ増えた。一方、日本だけは14%の減少となった。

決算発表後の会見で、経営幹部は2022年1~3月期の売上高は前年比プラスとなるが、増収率は2021年10~12月期を下回ると予想した。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Strainer
Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事