博報堂DYなどBI.Garageに出資、コンテンツメディアコンソーシアムを主宰

株式会社デジタルガレージの子会社でコンテクスト広告を展開する株式会社BI.Garageが、株式会社博報堂DYメディアパートナーズデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社の博報堂DYグループ2社と資本業務提携契約を締結したと発表しました。

BI.Garageは2019年、国内の主要記事コンテンツホルダーであるメディア28社とともに「コンテンツメディアコンソーシアム」を創設。大手プラットフォーマーのcookieを含む個人情報の独占や意図しないサイトでの広告掲載によるブランド棄損など、デジタルマーケティング業界の成長に伴い顕在化した課題に取り組んできたといいます。

2021年には、プライバシーを重視した最新テクノロジーを提供する1plusX社と資本業務提携を締結。メディア各社の記事のコンテクストを解析活用し、そこにマッチした広告を配信することで、ユーザーの興味関心を捉える「コンテクスト広告」の仕組みを開発しました。

今後は、今回資本業務提携した博報堂DYグループ2社の他、株式会社電通グループ株式会社CARTA COMMUNICATIONS株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ、そして日本のコンテンツメディア28社(※)とともに、「コンテンツメディアコンソーシアム」事業拡大の更なる加速を目指すとのことです。

(※)ニュース情報や記事および動画・音声コンテンツを自ら制作・編集し提供するメディア

株式会社博報堂DYメディアパートナーズの代表取締役社長である矢嶋弘毅氏は、「デジタル広告におけるブランドセーフティーについては世界的に課題になっており、国内の広告主様からもその担保について強く求められています」と分析。「メディア28社様のコンテクストデータを活用した広告配信がこの課題解決のひとつと考え今回の資本業務提携に至りました」と述べています。

また、株式会社デジタルガレージ代表取締役兼社長執行役員グループCEOと株式会社BI.Garage 代表取締役会長兼CEOを兼任する林郁氏は、「今回の博報堂DYグループとの資本業務提携で、電通グループ、ADK、そして日本の主要メディア28社が株主となり、日本型メディアコンソーシアムの座組みが完成した」とし、「これまでの海外プラットフォーマー中心のデジタルマーケティングから、次世代テクノロジーに裏打ちされたホワイトリスト(メディアコンソーシアム参画企業の記事、動画コンテンツ等)を軸とした「コンテクスト広告」の本格的なステージが始まります」と述べています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事