PR TIMES、アート特化型オンラインPRプラットフォーム「MARPH」の提供を開始

株式会社PR TIMESは、アート情報を見える化し、新たな出会いを創出するアート特化型オンラインPRサービス「MARPH(マーフ)」β版の提供を開始しました。第一弾プレスリリースは、山口歴氏の+81 Gallery Tokyoでの新作発表情報です。

「MARPH」は、アーティストやギャラリー、ミュージアム等が直感的なユーザーインターフェースとアートに特化した情報テンプレートを活用し、プレスリリースを作成・配信できるサービスです。誰でも簡易的に、個展やイベントなどの情報を発信することができます。

また、WEBページとして、個展、作品、アーティスト、ギャラリーの情報も生成。ユーザーは「MARPH」を巡るだけで、今まで知らなかったアーティストや作品と出会うことができ、フォローしたいアーティストやギャラリー等と繋がることができます。

元々の知名度やセルフブランディング技術の有無によらず、アーティスト自身が広報ノウハウを必要としないで活用できる“発信のしやすさ”と、鑑賞者が作法をよく知らなくとも、アートに敷居を感じることなく自分の感性で自由にアーティストや新情報と出会える“発見の楽しさ”を実現します。

β版には、「MARPH」のコンセプトに賛同した多様なギャラリーとアーティストが参加。第一弾は、Nerhol氏、花井祐介氏、長場雄氏、多田圭佑氏、Ichi Tashiro氏、LY氏、TAKU OBATA氏、コムロタカヒロ氏、タムラサトル氏ら30人を超えるアーティスト、またGallery COMMON、GALLERY TARGET、MAKI Gallery、T&Y Projects、PARCEL、TEZUKAYAMA GALLERYなど15程度のギャラリーが参加します。

同社は、発信者向け機能の充実に加え、メディアと生活者にとっての使い勝手も追求していきます。今後、機能の追加も予定。また、2023年度内を目標に、日本のアートシーンを世界のアートメディアに届けるグローバルアートPRプラットフォームを目指します。

β版は、コンセプトに賛同したギャラリーとアーティストに無料で一定期間利用してもらい、フィードバックを反映してから正式オープンする計画です。現段階は、利用申込の受付を一般開放せずに運営していきます。申込み受付は、準備が整い次第開始する予定です。

鑑賞者向け「MARPH」の特徴的な機能

アーティストやギャラリーの最新情報が一望できるサイトとして活用できます。誰にでも使いやすく、直感的に操作できるユーザーインターフェースを用意。会員登録すると、好きなアーティストや気になるギャラリーをフォローでき、最新の個展情報などのプレスリリースを受け取ることができます。過去の作品アーカイブやアーティストQ&Aにもアクセスすることが可能です。

発信者向け「MARPH」の特徴的な機能

「MARPH(マーフ)」β版は、アーティストが自ら作品に込めた想いを伝えるプレスリリース作成し、発信できるサービスです。SNSのような気軽さで作品や個展などの情報が入力できます。アートに特化したプレスリリーステンプレートを用意しているため、プレスリリースを作成したことがないユーザーも効果的なプレスリリースを発信することが可能です。

プレスリリースを作成し、メールで配信できることに加え、アートにまつわる情報プラットフォームとしても機能。プレスリリース情報だけではなく、WEBページとして「個展情報」「作品情報」「アーティスト情報」「ギャラリー情報」なども生成されます。プレスリリースツールとしての役割に加え、一次情報を多くの人々に届けるPRプラットフォームとしても機能します。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事