ライフスタイルプラットフォーム「TRILL」、インフルエンサーのSNS投稿をWEB・APP上の広告面で配信可能に

dely株式会社が運営する国内No.1のライフスタイルプラットフォーム「TRILL」が、SNS投稿を広告クリエイティブとして使用可能とする「ソーシャルディスプレイ広告」の提供を開始したと発表しました。

「ソーシャルディスプレイ広告」とは、Spaceback社が開発した広告フォーマット。Twitter、Facebook、InstagramなどのSNS投稿コンテンツをもとに、クリエイティブが自動生成される仕様になっています。

生成された広告クリエイティブは、マイクロアドが提供する広告配信プラットフォーム「UNIVERSE Ads」を通じて様々なメディアに配信できるようになります。

TRILLは月間利用者5,500万人を誇るライフスタイルメディアです。2022年6月から、美容・コスメ・ライフスタイルなど、様々な領域のインフルエンサーを企業のマーケティング・広告に起用できる「TRILLインフルエンサーネットワーク」を構築。独自のインフルエンサー組織である「TRILL mate」や、芸能事務所所属のモデル・インフルエンサー、SNS上で活躍するクリエイターなどが所属しています。

今回、TRILLは「TRILLインフルエンサーネットワーク」と「ソーシャルディスプレイ広告」を掛け合わせることで、ソーシャルメディアではリーチできないWebメディアやAPP上の広告枠への配信を可能にしました。

「TRILLインフルエンサーネットワーク×ソーシャルディスプレイ広告」では、「TRILLインフルエンサーネットワーク」に所属しているインフルエンサーがクライアントの商品をサンプリングし、自身のSNSアカウントから商品紹介投稿を実施。より幅広い消費者へのリーチを目指します。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,474フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事