TikTok、「美ら島おきなわ文化祭2022」に合わせ沖縄文化の魅力発信プロジェクトを開始

ショートムービープラットフォーム「TikTok」は、国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭「美ら島おきなわ文化祭2022」に合わせて、ショートムービーを通じた沖縄文化の魅力発信プロジェクトを始めます。

令和4年10月22日~11月27日に開催する「美ら島おきなわ文化祭2022」は、第37回国民文化祭と、第22回全国障害者芸術・文化祭の統一名称。文化庁、厚生労働省、沖縄県、市町村、沖縄県実行委員会、市町村実行委員会などが主催し、日頃行われている各種の文化活動を全国的な規模で発表、共演、交流する場となる文化の祭典です。

今回のプロジェクトでは、沖縄県・TikTokの映像クリエイター「ぞのさんっ」を起用し、制作した「美ら島おきなわ文化祭2022」と、三線文化、組踊・琉球舞踊、沖縄の食文化の魅力を伝えるショートムービーを「美ら島おきなわ文化祭2022」公式TikTokアカウントと、映像クリエイター「ぞのさんっ」TikTokアカウントで公開。沖縄料理の調理シーンや琉球舞踊のシーンなどを紹介し、撮影の様子も公開します。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事