2022年9月度テレビCM放送回数ランキング、2位はウェザーニュース

株式会社ゼータ・ブリッジは、2022年9月度の全国地上波25局、BS放送6局で放送されたテレビCMの放送回数を調査し、「2022年9月度テレビCM放送回数ランキング」を発表しました。

2022年9月度の商品別ランキングのトップ3は、1位ソフトバンク「Y!mobile」、2位ウェザーニューズ「ウェザーニュース」、3位リクルートホールディングス「じゃらん」でした。

今年の9月は週末ごとに台風が日本列島に襲来したり、夏から秋の気候へと切り替わる時期で気温の変化が大きく、季節の変わり目に有効な最新の気象情報を伝えるサイト・アプリ「ウェザーニュース」が2位にランクインしています。

今回、ランキングで注目したのは転職・求職系のサービスで、6位Indeed Japan「Indeed」、8位パーソルキャリア「デューダ」、13位リクルートホールディングス「Airワーク」、16位リクルートホールディングス「リクルートダイレクトスカウト」が該当しています。

Indeedは仕事探し全般のポータルサイト、デューダは転職サイト・転職エージェントを利用して自分にあった求人を探せるサービス、Airワークは企業が無料で求人募集ができる採用管理サービス、リクルートダイレクトスカウトはハイキャリア向けの転職サービスです。各サービスで訴求する内容が異なり、自社の魅力を存分に伝えるクリエイティブを展開しました。

エリア別にランキングを見ると、商品別ランキング2位のウェザーニューズ「ウェザーニュース」は、東京1位、大阪2位、名古屋3位、札幌4位にランクイン。福岡以外の4都市で上位にランクインしています。

札幌を見ると、横浜ゴム「アイスガード セブン」が3位にランクイン。スタッドレスタイヤが上位にランクインしていることから、冬支度が始まっていることが感じられます。

東京
大阪
名古屋
福岡
札幌
BS
2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事