会員数250万人のオーディオブックサービス「audiobook.jp」が「オーディオブック大賞2022」を決定

株式会社オトバンクが運営するオーディオブック書籍サービス「audiobook.jp」が、ユーザーからの支持が最も集まったオーディオブック作品を表彰する「オーディオブック大賞2022」を発表しました。

オーディオブック大賞とは

会員数250 万人のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」ユーザーを対象にアンケートを行い、各作品ジャンルで投票が多く集まり、特にオーディオブックの広がりに寄与した作品に贈られる。

審査方法は「audiobook.jp」のユーザーを対象にインターネット調査でアンケートを実施し、各部門でもっとも投票数が集まった上位作品より、大賞、準大賞を決定するとのこと。

文芸部門 大賞:『invert 城塚翡翠倒叙集』

以下は、投票で寄せられた声の引用です。

「驚きの展開と秀逸なキャラ。聴きながら、『映像化されるとしたらこのキャラは誰がやるんだろう』と想像しながら聞いていました。清原果耶さん主演でドラマ化されますね、納得です。」(50代・女性)
「臨場感や感情ある語りや、対話がとてもおもしろく、小説を読んだあとでしたが楽しかったです。」(40代・男性)
「単なる朗読ではなく、セリフのやりとりが面白い。」(50代・男性)

また、ビジネス書部門の大賞は『サイコロジー・オブ・マネー 一生お金に困らない「富」のマインドセット』、聴き放題部門の大賞は『超訳 カーネギー 人を動かす』などが受賞した。

オトバンク代表取締役社長 久保田裕也氏は、「オーディオブック大賞」について下記のようにコメントをしている。

「オーディオブック大賞」を通じ、多数の素晴らしい作品をオーディオブック化させていただけていることを、改めて実感いたしました。今後も原作の魅力を損なわず、音声ならではの楽しみを味わっていただける作品づくりを心がけ、「音声」という観点から読書人口の増加に少しでも寄与できれば幸いです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

浜崎 正己
浜崎 正己
メディアの立ち上げと運用を支援する(株)メディアインキュベート の代表。1988年千葉県生まれ。Twitter : https://twitter.com/masaki_hamasaki

関連記事