創刊100年の月刊誌 「文藝春秋」が電子版をスタート 毎月10本のオンライン番組をライブで配信

株式会社文藝春秋が1日、「文藝春秋 電子版」を開始しました。電子版は、月刊「文藝春秋」の特集記事を中心に一流の作家や知識人による記事・論考を配信し、執筆陣のオンライン番組が見放題になる定期購読サービスとなります。

「文藝春秋 電子版」では最新記事が雑誌発売前日に読めるほか、電子版オリジナル記事や過去10年3000本以上のアーカイブ記事が読み放題に。時事問題について一流の識者が議論するオンライン番組(生配信)を毎月10本配信、過去に配信された70以上の番組も視聴可能です。

また、編集長による読みどころ解説やスクープ速報、話題書の書評情報など、ここでしか読めない情報が満載のニュースレターも毎日届けられるとのことす。

購読プランは、1カ月プラン、6カ月プラン、1年プラン、雑誌セットプラン、法人プランの5種類。いま申し込みをすると、特典としてもれなく「特製トートバッグ(デザイン:佐藤可士和)」が贈呈されます(1年プラン、雑誌セットプランが対象)。

「文藝春秋」編集長の新谷学氏によると、編集部は月10本の配信が予定されているオンライン番組に注力しており、会員になるとライブで番組を視聴できるだけでなく、登壇者に質問することも可能です。

新谷氏は創刊100年を迎えるにあたり、「目覚めよ!日本」というモットーを掲げ、「外交安全保障、国家財政、エネルギー、少子化、象徴天皇制など、この国の根幹にかかわる大切な問題を、もうこれ以上見て見ぬふりをせずに真正面から議論する」と意気込みを語っています。

また、創刊者である作家・菊池寛の「自分で、考えていることを、読者や編集者に気兼ねなしに、自由な心持で云って見たい」という創刊の精神をオンライン上でも引き継ぎ、今後も自由な心持で発信を続けていくとも述べています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事