JX通信社の「FASTALERT for Marketing」、AIがSNS上の自社商品画像を自動収集する機能を追加

報道領域に特化したテックベンチャー企業である株式会社JX通信社は、ソーシャルリスニング型マーケティングリサーチ「FASTALERT for Marketing」において新たに「ギャラリー」機能を搭載したことを発表しました。 自社サービスの実際の利用シーンを知るには、従来はリサ…

テクノロジー その他
【12月13日(水)開催】Media Innovation 2023年プチ忘年会開催します
JX通信社の「FASTALERT for Marketing」、AIがSNS上の自社商品画像を自動収集する機能を追加
  • JX通信社の「FASTALERT for Marketing」、AIがSNS上の自社商品画像を自動収集する機能を追加
  • JX通信社の「FASTALERT for Marketing」、AIがSNS上の自社商品画像を自動収集する機能を追加

報道領域に特化したテックベンチャー企業である株式会社JX通信社は、ソーシャルリスニング型マーケティングリサーチ「FASTALERT for Marketing」において新たに「ギャラリー」機能を搭載したことを発表しました。

※画像はイメージです

自社サービスの実際の利用シーンを知るには、従来はリサーチ会社を介して調査を実施するなど手段が限定的でした。また、SNSにおける画像付きの投稿に関しては従来のリサーチ方法では検出できないなど、技術的なハードルが存在していました。

今回発表された「ギャラリー」機能では、SNSに投稿された「自社の商品・サービスを利用している画像」を、ブランドロゴなどを学習させたAIを用いて自動で収集します。これにより、画像のみの投稿も収集可能となり、従来の調査で入手できる量と同等の投稿を、従来の調査より圧倒的な低コストで収集することができるようになったといいます。

また、同社が先日ローンチした「購買ステータス機能」を活用してクロス集計することで、購買経験者による投稿から顧客のロイヤリティ度を探索するなど、ユーザーのステータスにあった調査にも活用できるとのことです。

《t-katamoto》

関連タグ

特集