共同通信、トイレ内サイネージ「アンベール」にニュース配信を開始

・トイレでニュース配信開始 ・バカンと共同通信デジタル提携 ・アンベール、トイレ広告メディア

メディア デジタルメディア
共同通信、トイレ内サイネージ「アンベール」にニュース配信を開始
  • 共同通信、トイレ内サイネージ「アンベール」にニュース配信を開始
  • 共同通信、トイレ内サイネージ「アンベール」にニュース配信を開始
  • 共同通信、トイレ内サイネージ「アンベール」にニュース配信を開始

株式会社バカン(代表取締役:河野剛進)は、株式会社共同通信デジタル(代表取締役社長:伊地知晋一)と提携し、トイレ広告メディア「アンベール」を通じて、トイレ個室内でのニュース記事配信を2月1日から開始しました。

バカンと共同通信デジタルは、トイレ空間のアップデートを目指し、利用者が集中してコンテンツを見やすいトイレの特性を活かして、ニュース配信を行うことで、利用者が忙しい日々の中でも効率よく情報を得られるようにします。これにより、トイレ利用時の「待つ」時間を有効活用することが可能となります。

アンベールは、これまでも女性の健康課題情報やお笑いコンテンツの配信などを行い、トイレ空間の価値向上に努めてきました。今回の取り組みにより、国内外の最新ニュースを提供する共同通信デジタルとの連携で、利用者に良質な情報を届けることができるようになります。また、記事広告の提供も予定しており、広告主のマーケティング活動を支援することも視野に入れています。

アンベールは、2020年末から都心部のオフィスや商業施設など約10,500箇所で展開しているデジタルサイネージメディアです。トイレ空間のプライベート性を活かし、動画コンテンツをトイレ利用時のみに再生することで、強い認知と理解を得ています。特許技術を用いて滞在時間に応じた表示変更や、混雑具合に応じた広告の長さ調整を行い、トイレの混雑抑制にも寄与しています。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集