ニュース、エンターテイメント、動画を提供するBuzzFeed Japan株式会社(以下、BuzzFeed Japan)の代表取締役社長にスコット・マッケンジー(Scott Mackenzie)氏が1月15日、就任しました。

マッケンジー氏は1977年生まれ。2000年8月に米国メディア、VIACOMに入社し、「MTV International」「MTV Korea」の事業に携わりました。「NBCユニバーサル グローバル・ネットワークス」「Universal Pictures International Entertainment」(現「NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン」)と共に2008年から6年間を東京で過ごしました。2014年からシンガポールの「International Networks Asia」のチャネル部門のVPに就任、ニュース番組「E! News Asia」や人気のリアリティシリーズに数多く携わりました。直近では、「Universal Music Singapore/Malaysia」と共に映画やTVのコンテンツを開発しています。

マッケンジー氏は、これまでのメディア業界での長年にわたる経験を元にBuzzFeed Japanの広告事業をはじめ、BuzzFeed Japan、BuzzFeed Japan News、料理動画メディアのTasty Japan、そして昨年から注力している動画事業を含め、メディアとしてのさらなる成長と発展を担います。

BuzzFeed CEOのジョナ・ペレッティ(Jonah Peretti)氏は「私たちはスコットがBuzzFeed Japanの一員になったことを大変嬉しく思っています。彼がアジアのメディアやエンターテイメント業界から豊富な経験と日本の市場についての深い知識をもたらしてくれるでしょう。これからのスコットとBuzzFeed Japanの発展を楽しみにしています」 とコメントしています。

スコット・マッケンジーは「BuzzFeedは人々がシェアしたいと思うコンテンツを生み出す素晴らしいブランドであり、メディアです。 私はこのCEOとしての役割を担い、BuzzFeed Japanのメンバーとともに日本でのビジネスの成長を加速するよう努めたい」と話しています。