BuzzFeed Japan 代表取締役社長にスコット・マッケンジーが就任

ニュース、エンターテイメント、動画を提供するBuzzFeed Japan株式会社(以下、BuzzFeed Japan)の代表取締役社長にスコット・マッケンジー(Scott Mackenzie)氏が1月15日、就任しました。

マッケンジー氏は1977年生まれ。2000年8月に米国メディア、VIACOMに入社し、「MTV International」「MTV Korea」の事業に携わりました。「NBCユニバーサル グローバル・ネットワークス」「Universal Pictures International Entertainment」(現「NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン」)と共に2008年から6年間を東京で過ごしました。2014年からシンガポールの「International Networks Asia」のチャネル部門のVPに就任、ニュース番組「E! News Asia」や人気のリアリティシリーズに数多く携わりました。直近では、「Universal Music Singapore/Malaysia」と共に映画やTVのコンテンツを開発しています。

マッケンジー氏は、これまでのメディア業界での長年にわたる経験を元にBuzzFeed Japanの広告事業をはじめ、BuzzFeed Japan、BuzzFeed Japan News、料理動画メディアのTasty Japan、そして昨年から注力している動画事業を含め、メディアとしてのさらなる成長と発展を担います。

BuzzFeed CEOのジョナ・ペレッティ(Jonah Peretti)氏は「私たちはスコットがBuzzFeed Japanの一員になったことを大変嬉しく思っています。彼がアジアのメディアやエンターテイメント業界から豊富な経験と日本の市場についての深い知識をもたらしてくれるでしょう。これからのスコットとBuzzFeed Japanの発展を楽しみにしています」 とコメントしています。

スコット・マッケンジーは「BuzzFeedは人々がシェアしたいと思うコンテンツを生み出す素晴らしいブランドであり、メディアです。 私はこのCEOとしての役割を担い、BuzzFeed Japanのメンバーとともに日本でのビジネスの成長を加速するよう努めたい」と話しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,424フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

グノシーの第1四半期業績、再成長に向けた広告費増加で減益

株式会社Gunosyが13日に発表した2022年...

OutNow、読者と直接つながるニュースレター配信サービス「theLetter」を正式ローンチ

様々なインターネットサービスを提供する株式会社O...

ロイター研が気候変動ジャーナリズムプロジェクトを発足

現地時間12日、英オックスフォード大学ロ...

メディアの連携で調査報道、寄付モデルに繋げる米地方紙【Media Innovation Newsletter】10/18号

地方紙が苦境にあるのは世界共通ですが、1803年創刊の米国サウスカロライナ州にあるポスト・アンド・クーリエ(Post and Courier)は低迷する広告収入を補うため、支出の1/4を寄付によって賄うという計画を立て、順調に推移しているそうです。
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事