日本でも若者を中心に人気の短編動画共有アプリ「TikTok」を運営する中国のBytedanceは広告配信のプラットフォームを一新し「TikTok Ads」としてリリースしました。

今後は Bytedanceが運営する「TikTok」に加えて「BuzzVideo」でも広告配信がなされていきます。 TikTok Adsには広告の配信目的やターゲティングを最適化していく特徴があります

精度の高いユーザー属性のターゲティング、視聴コンテンツに合わせた広告配信、年齢や性別、地域など詳細なターゲティング設定、広告作成ツールの簡素化、独自アルゴリズムによる目標CPAに合わせた入札と最適化によりターゲティングが正確化される仕組みです。

TikTokで広告配信をするメリットは動画広告をスマホのフルスクリーンで表示できること、画像だけではなく音での訴求も可能なこと、広告拡散もできることがあります。

TikTok Adsを使う広告主は TikTokのユーザーのように自社についてストーリー動画を作成できるようになっています。広告を流す最適なユーザーをターゲティングして配信することで効果的にユーザーの興味を引くことが可能になります。

ターゲティングが最適化されるとユーザーも自分に有益な広告に出会うことができるため、 TikTok Adsはユーザーも広告主も双方に価値あるコンテンツと言えるでしょう。