アドベリフィケーションを専業で行うMomentum株式会社(モメンタム)が、モメンタムのソリューションを活用しながらアドベリフィケーションへの取り組みを積極的に行う広告代理店事業者の認定プログラム「Agency Certification Program(ACP)」を開始しました。

「Agency Certification Program(ACP)」とは、広告主に対して信頼性の高いデジタル広告配信サービスの提供と、デジタル広告の効果改善に向けたアドベリフィケーションへの取り組みを積極的に行っている広告代理店事業者を、モメンタムが信頼と実績のあるACPパートナーとして認定するものです。

初回プログラムパートナーとして、株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社ハートラス、Supership株式会社、および電通グループの5社が認定されています。

Advertising

2018年、世界の広告費成長率は4.1%と予想され、媒体としてはデジタルがテレビを初めて追い抜き、2019年にはシェア40%を超えるなど、引き続きデジタル広告市場が世界的に成長を続けていく見通しです。

一方、不正な手口で広告費用をかすめとる『アドフラウド(広告詐欺)』や不適切な媒体への広告配信により企業のブランド価値を損なう『ブランド瑕疵』も拡大しています。

このような危機的状況を打開するため、モメンタムは、広告主だけでなく、広告代理店やアドプラットフォームを提供するベンダー、アドベリフィケーション対策のソリューションベンダーなど、デジタル広告に携わる企業がきちんと問題を把握し、連携して対策を推進していく必要があるとしています。

ACPによって、広告主が安心・安全な広告配信を行う技術のある広告代理店を選定し、日本におけるデジタル広告の健全化が進むことが期待されます。