ビューティー特化型動画メディア「DINETTE(ディネット)」を運営するDINETTE株式会社は、ベンチャーキャピタルの株式会社アプリコット・ベンチャーズ、株式会社バルクオム代表取締役CEOの野口卓也氏、元Candle代表取締役の金靖征氏を引受先とした3,000万円の第3者割当増資を実施しました。

コスメのプライペートブランド「PHOEBE BEAUTY UP(フィービービューティーアップ)」を立ち上げ、D2C事業への参入に活用する予定といいます。

DINETTEは「今日なりたい私を叶える」をテーマに、2017年4月からinstagramを軸にHOW TOメイクや美容の悩み解決方法、新作コスメなどの紹介を中心に動画で分かりやすく展開しています。運用開始後ノンプロモーションで90,000人のコスメ好きの良質なフォロワーを獲得し、美容動画メディアの中で国内最大級規模の動画再生数を誇る実績を作っており、美容動画メディア運営の中からユーザーから集まった声を元に今回コスメのプライベートブランド立ち上げに繋げました。

第1弾は、芸能人モデルのヘアメイクを担当する実力派ヘアメイクアップアーティストでインフルエンサーの小林加奈(こばやしかな)氏がディレクターを務め、まつげ美容液を2月15日から発売します。ユーザーから「目を大きく見せたい」「まつ毛が細い」「まつ毛が抜けやすい」「まつ毛のハリやコシがない」「まつ毛エクステンションでダメージが」などの悩みが非常に多く、まつ毛のケアを考える女性が増えた事から、その悩みを解決する為第一弾に選んだといいます。製品パッケージは、「思わずSNSに投稿したくなる」をテーマにした可愛いパッケージに仕上げました。まずECのみで展開を行い、今後POPUP SHOP等の展開も想定しているといいます。

今後、まつ毛美容液の市場で国内シェアNo.1を目指し、ブランドとして商品の横展開をしていく予定で、美容動画メディア初の女性向けD2Cブランドとして市場のNo.1のポジショ二ングの獲得を狙っていきます。

ディレクターの小林加奈氏は「DINETTEユーザーやSNS、仕事現場などでまつ毛のケアや美容液の質問がとても多く、まつ毛の悩みを持ってる方が非常に多く感じていました。今回のアイテムは、メイク仲間でも話題に上がる「ヒト幹細胞培養液」を配合し、改良に改良を重ね、皆様の手の届きやすい価格で提供できるように交渉を重ねようやく商品化にたどり着きました。私自身もまつ毛はメイクの一環としてとても重視しており、まつ毛の長さで目の大きさや印象が大きく変わり、メイクの幅も格段に広がります。第一弾として、一人でも多くの皆様へお届けできれば大変嬉しく思います。自分自身メイクのプロとして、『あったらいいな』『持っていたら可愛いな』『使ってメイクを楽しみたいな』と思ってもらえるコスメアイテムをプロデュースしていけたら良いなと思っています」とコメントしています。

株式会社アプリコット・ベンチャーズ 代表取締役の白川智樹氏は「メディア運営を通じて得られたユーザーの声に対して、D2Cの良さを活かした良質な製品で応えていくDINETTE社に共感し、今回ご出資させていただきました。『PHOEBE BEAUTY UP』が多くの女性に愛されるブランド に成長していく過程を、微力ながらサポートしていきたいと考えています」とコメントしています。

株式会社バルクオム 代表取締役CEOの野口卓也氏は「初対面の際に企画中のプロダクトについてお聞きし、率直にヒットすると感じました。その後尾崎社長の個人的なモチベーションや行動力を知るにつれ、より強く成功を確信したため今回のラウンドをご一緒させていただく事になりました。特に初期フェーズはしっかりとハンズオンし、DINETTE社の成長速度に貢献したいと考えています」とコメントします。

元Candle 代表取締役の金靖征氏は「事業をグロースさせるエグゼキューション能力と、自身が女性でありターゲットだからこそ分かる商品課題の洞察の高さの両立がユニークで素晴らしいなと思いました。とても強いバイタリティを感じたので、やり切って、女性のためになる商品を作り広げてくれると信じています。応援してます」とコメントしています。

【DINETTE株式会社 概要】
会社名:DINETTE株式会社
代表者:尾崎美紀
設立:2017年3月30日
所在地:東京都目黒区青葉台3-18-3 THE WORKS401