アフィリエイトプログラムの業界団体である「日本アフィリエイト協議会(JAO)」は虚偽・ねつ造ネット広告の取り締まりを広範囲かつ効果が見込める取り締まり施策を開始します。

アフィリエイトの仕組みを悪用した一部の悪徳業者はテレビ番組や著名人が商品を紹介・評価しているかのような虚偽・ねつ造ネット広告を出航s流ケースが増えています。

これまでも、JAOでは虚偽・ねつ造ネット広告の取り締まりを行ってきました。今春からはテレビ局や各芸能事務所、ネット広告配信会社の協力をえて、消費者が安心して利用できる環境づくりのために取り締まりを強化すると発表しました。

■利用者への案内

映像、写真、音声など著作物が許可なく、虚偽・ねつ造ネット広告に利用されているケースを発見したら以下の項目を中心に可能な限り、日本アフィリエイト協会へ報告するように求めています。

  • 虚偽・ねつ造ネット広告を発見された日時
  • 虚偽・ねつ造ネット広告を発見されたページ情報(URL、キャプチャー等)
  • 虚偽・ねつ造ネット広告をクリックして飛んで行った先のページURL

情報提供は「情報提供フォーム」かJAO事務局メールアドレス(info@japan-affiliate.org)まで送信をお願いしています。

■ネット広告取扱事業者へ

虚偽・ねつ造ネット広告の取り締まりにご協力いただける場合は、違反出稿者情報を無償で提供します。連絡は「お問い合わせフォーム」かJAO事務局メールアドレスまで送信(info@japan-affiliate.org)してください。