アップルは、非党派で独立したメディアリテラシープログラムを提供する、アメリカとヨーロッパの大手非営利団体を支援する新しい取り組みを発表しました。

ニュースリテラシープロジェクト(NLP)、アメリカのCommon Sense、イタリアのOsservatorio Permanente Giovani-Editori i(青少年出版者のための恒久的な展望)は、現代のデジタル時代に必要な批判的思考スキルを持つ若者の教育を推進するために、それぞれアップルからサポートを受けます。

アップル社の最高経営責任者(CEO)であるティム・クックは、「ニュースの読み書き能力は、自由な報道を維持し、繁栄する民主主義を維持するために不可欠です。私たちは、ニュースリテラシープロジェクト、Common Sense、およびOsservatorioによって行われている重要な作業に感銘を受けました。これにより、若い人々が活発で市民に参加できるようになりました。」 と述べています。

Apple Newsの編集長であるLauren Kernは、 「Appleはこれらの重要な組織が、ますます複雑化するニュース環境の中で、正確で信頼できる情報を探す方法について次世代を訓練するのを支援していることに期待しています。教育経験にニュースリテラシーを埋め込むという私たちのビジョンを達成するためのこのタイムリーなイニシアチブを歓迎します。」 と、述べています。

Common Senseの創設者で最高経営責任者(CEO)のJames P. Steyerは、「若者のニュースリテラシースキルの欠如は、わが国にとって深刻な問題です。 私たちは学生たちが合法的なニュースを探すのではなく、メディアやアイデアのより広い世界について批判的に考えるのを助ける必要があります。 Appleは、デジタル時代の学習者、リーダー、そして市民として成長する子供たちを育てるという私たちの使命を共有しています。そしてCommon Senseは、この重要な取り組みの一部であることを喜んでいます。」と、述べています。

Osservatorio Permanente Giovani-Editoriの創設者兼CEOであるAndrea Ceccheriniは、「偽のニュースが広まっている現在、第三者による事実確認サービスこそが、ニュースソースの信頼性を評価する唯一の方法であるという考えです。 私たちは自分自身の考えを行使し、私たち自身の運命を切り開くことができます。 私たちの思いは、より多くの市民から成り立ち、社会を文明化された議論と対立の文化へと広げていくことです。これがあらゆる健全な民主主義の基礎です。」と、述べています。

News Literacy Project(ニュースリテラシープロジェクト)

国民教育の非営利団体であるNews Literacy Project(以下NLP)は、賢くなるために必要なスキル、ニュースやその他の情報を積極的に消費するスキルを教育者に教える活動を行っています。

 2016年5月にNLPの独自の教育プラットフォームであるCheckology仮想教室がリリースされて以来、コロンビア特別区、3つのアメリカの地区、およびその他104カ国で17,800人以上の教育者がこのサービスの登録を行い、そのレッスンから恩恵を受けました。

学生は、Checkologyで学び、信頼できる情報を見分け、そして創造する能力に自信を持ち、民主主義における自由な報道の役割についての認識を持ち、投票や政治に積極的になることにより、市民としての役割を果たすようになります。 NLPのビジョンは、アメリカの教育経験にニュースリテラシーを埋め込むことです。

Common Sense(コモン センス)

Common Senseは、デジタル時代の子供や家族の繁栄を支援することを目的とした、非営利団体で、教育者が次世代のデジタル市民に力を与えるために学校を支援します。

この組織の革新的で受賞歴のあるデジタルシチズンシップカリキュラムは、生涯にわたる習慣やスキルを身に付けた生徒を育成し、教師を支援し、役立つツールを使って家族や地域社会と交流します。

若者が鋭くそして開かれた心で今のニュースを判断するのを助けるために、Common Senseは、学生が本物のニュースを探すだけでなく、メディアとアイデアのより広い世界について批判的に考えるのを助けることを目指します。

Common Senseニュースリテラシーイニシアチブは、青少年の間のニュースリテラシーを向上させることを目的に、保護者、教育者、および10代の若者にタイムリーなコンテンツとリソースを提供します。 常識デジタルシチズンシップカリキュラムは、アメリカの半数以上の学校で、70万人以上の教育者によって教えられています。

Osservatorio Permanente Giovani-Editori(青少年出版者のための恒久的な展望)

Osservatorio Permanente Giovani-Editoriは、メディアリテラシープロジェクトに焦点を当てた、市民権教育におけるイタリアの主要な独立組織です。18年以上にわたり、今日の若者が明日の市民として、民主主義にもっと参加し、批判的思考を発展させることを手助けすることでした。

Osservatorioは高校の教師を教育することで教育を行っています。そして高校の教師は学生の好奇心、知識への渇望、批判的思考を高めることを目的として、教室にOsservatorioのメディアリテラシープロジェクトを取り入れます。 生徒は質の高いニュースソースを比較しながら、信頼できるジャーナリズムと偽のニュースを区別することを学びます。

(C)Getty Images