朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A-port」、オンラインサロンの参加募集開始

株式会社朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A-port(エーポート)」は、会員制コミュニティ「A-port オンラインサロン」を始めました。購入型クラウドファンディングのプロジェクト支援と同様の手順でサロンに参加できるようになります。

サービスを開始して4周年を迎えた「A-port」は、朝日新聞社の編集力を発揮したクラウドファンディングサイトで、起案者の言葉を生かしつつよりよいプロジェクト起案文を作り、メディアに取材してもらうためのプレスリリースの作り方などの情報発信・拡散を協力しています。掲載プロジェクトの多くは、朝日新聞の紙面や関連メディア「ハフポスト」など、多数の媒体で紹介されています。

オンラインサロンは、月額会費を支払い参加するクローズドコミュニティです。様々な知識やネットワークを持つ著名人、文化人などが起案者・主宰者となり、思いに共感した支援者はウェブを通じて双方向にコミュニケーションを取ることができます。直接集まるイベントを企画するケースも多くあります。

開設したオンラインサロンは以下の3つです。

堀 潤(ほり・じゅん)さん 「堀潤が、伝わる話し方、お教えします

このサロンでは、 しゃべることに対して悩みのある人の声にお応えして、 NHKアナウンサーとして活躍してきた堀 潤氏がこれまでのキャリアで培ってきたスキルをシェアします。また月1回のリアル講習もあります。
月額: 10,000円(税込)

東松 寛文(とうまつ・ひろふみ)さん 「リーマントラベラーサロン

旅で人生、もっと楽しく!―――『リーマントラベラーサロン』は、リーマントラベラー東松氏が運営する、旅が好きな人・旅がしたい人が集まるサロンです。旅の情報を交換や、旅にまつわるイベントやプロジェクトの企画などを行う予定としています。
月額:4,000円(税込)

亀松 太郎(かめまつ・たろう)さん「あしたメディア研究会

朝日新聞記者を経験後、ニコニコニュース編集長、弁護士ドットコム編集長を経て、現在は朝日新聞社のウェブメディア「DANRO」の編集長。本サロンでは、新旧のメディアで培った豊富な実績とネットワークをベースに「新しいメディアのあり方」を徹底的に考えるサロンです。
月額:980円(税込)

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事