株式会社オプトのエンジニア組織である「Opt Technologies(オプトテクノロジーズ)」は自社で開発した広告効果測定ツール「ADPLAN」へApple社がリリースしたIntelligent Tracking Prevention(ITP)2.1の対策を講じます。

これにより、今後は安定した広告効果測定の提供が可能になります。

ITP2.1に対するADPLANの対策方針

ITP2.1はITP2.0に引き続き、Apple社が2019年3月にリリース。Safariブラウザにおける1st party cookieの保存期間が7日間に制限されるものです。これにより広告効果測定においても、ユーザーのWEB上での行動が8日間に跨る場合のトラッキングができなくなります。

「ADPLAN」ではITP2.1の影響を回避するために、1st party cookieの計測に加えてlocalStorage(※)にもユーザー識別子を記録します。これにより従来と同程度の広告効果測定が可能になります。

ただし、「 localStorageへのユーザー識別子の記録 」はブラウザ提供事業者により利用制限が入る可能性があり、また、ユーザーが任意に操作しない限り保持され続けます。そのため機能提供時にはデフォルト設定で無効となっており、運用方針に合わせて各企業で有効にして利用する必要があります。

なお、機能の提供は2019年4月中旬の予定です。

※localStorage…HTML5標準のWEB Storage APIを利用し、訪問者のブラウザへとデータを保存するための仕組み

【株式会社オプトについて】
オプトは、デジタルマーケティングを軸に個客の未来を実現する「Innovation Agency」です。持続的な成長を志す企業のビジョンやミッションと並走しながら、ビジネスを革新させ、新しい価値を創造していきます。一人一人が、「誠実な野心家であれ。」という理想の姿を追求し、ヒトと社会を豊かにする成長エンジンとなります。

■会社概要
設立年月:2015年4月1日
資本金:1億円 (2018年12月末 現在)
代表者名:代表取締役社長 CEO 金澤 大輔
本社所在地:東京都千代田区四番町 6 番 東急番町ビル
事業内容:マーケティング事業
URL:https://www.opt.ne.jp/