株式会社博報堂は、動画を使ったマーケティング効果の最大化を目指すプロジェクト「hakuhodo.movie(ハクホウドウ・ドット・ムービー)」の取組みの一環として、テレビCMとオンラインプラットフォーム横断で動画広告の「視聴後来店率」の最大化を目指す動画専門チーム「movisit(ムーヴィジット)」を始動したことを発表しました。

「hakuhodo.movie」は、動画を使ったマーケティング効果の最大化を目指すプロジェクトです。「動画生活者®」のインサイトを起点に、テレビCMからweb動画、イベント動画、店頭動画、デジタルサイネージ動画など、あらゆる動画に関する調査、企画、制作から配信に至るまでをワンストップで対応しています。

今回「movisit」では、博報堂が長年培ってきたクリエイティブ力を活かした動画広告を主軸に、博報堂グループ各社の力を活用しながら、メディア選定から制作、PDCAまで一貫して動画広告のマネジメントを行います。Facebook、Google、Twitterなどの各プラットフォームに加え、テレビCMも含めた広告枠と動画クリエイティブを自在に組み合わせ、店舗への来店や展示会場への来場などの生活者行動を促進します。

具体的には、まずテレビやオンライン動画を統合した最適なメディアプラニングの自動抽出が可能なシステム「PIE」により、来店促進に効果的なメディア配分を算出。その後、広告の目的に合ったクリエイティブ要素を自動抽出が可能な 「動画クリエイティブプラナー」やテレビCMの出稿量とクリエイティブ要素を中心にキャンペーンを選別、調査、蓄積 している「博報堂オリジナルキャンペーントレース調査」データ などを活用し、効果的なクリエイティブ要素を抽出し、これらを参照しながら各広告枠に最適な動画クリエイティブを制作・配信します。

配信後は、テレビCM接触者の来店行動が計測可能なソリューション「Atma®」などを用いて「視聴後来店率」を測定。この結果を基準に、広告枠とクリエイティブの最適な組み合わせについて、ROIを最大化するべく、PDCAサイクルをマネジメントしていきます。

メディア環境が変化する中で、広告出稿において、テレビCMやオンライン広告などの広告種別に関わらず、各広告がもたらした生活者の行動への影響を計測し、効率的にコミュニケーションを実施することが求められています。