fbpx

モーニングスター、通期業績はデータ・ソリューション事業が好調

モーニングスターが19日に発表した2019年3月期の連結業績(2018年4月1日~2019年3月31日)は、売上高60億400万円(前年同期比0.6%)、営業利益16億4700万円(0.5%)、経常利益17億7700万円(1.1%)、親会社株主に帰属する四半期純利益12億2000万円(11.0%)となりました。

データ・ソリューション事業では、タブレットアプリの提供台数が前連結会計年度末の52,656台から20,508台増加し、73,164台となり、タブレットアプリ関連データの売上が増加しました。一方、前連結会計年度にあったフィンテック関連の大型受注案件がなく、ファンドレポートや株式新聞購読料などが減少しました。

メディア・ソリューション事業では、資産運用セミナーの集客が順調に推移し、これに伴いウェブ広告や資産運用セミナーなどを統合的に提供するメデ ィア・ソリューションの売上が増加いたしました。一方、ウェブ・コンサルティングの売上が減少いたしました。 その結果、メディア・ソリューションの売上高は、前連結会計年度の999百万円から91百万円(1.6%)の増収となる1,090百万円となりました。

今期の通期業績予想は未定としています。

※本記事は決算AIによって生成されました

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事