株式会社朝日新聞社と株式会社朝日アドテックが、訪日客向けPR映像の制作・配信・販売事業を開始しました。第一弾として、静岡県の春夏秋冬の魅力を映像化した「Inspiring SHIZUOKA」の配信をYouTubeで開始しました。

朝日新聞社は2015年より訪日客向けPR事業を開始し、自治体や企業の海外向けPRにおいて様々な実績を重ねてきました。朝日アドテックは朝日新聞社のグループ企業で、ドローンや4Kカメラを活用したPR映像制作を行っています。

グループの知見をもって、自治体や企業のニーズや訴求対象に応じた映像を制作し、朝日新聞社が運営する「潮日本」をはじめとした訪日客向け情報サイトやSNS、YouTubeで配信。また、朝日新聞社が著作権を有する映像は、「朝日新聞フォトアーカイブ」で企業・自治体向けに販売されます。

今回の映像では、以下のスポットが撮影されています。先頭から順に富士山、沼津魚市場、清水魚市場河岸の市、由比の桜えび干場、グリンピア牧之原、大淵笹葉、田牛海岸、寸又峡「夢の吊橋」、ふもとっぱらキャンプ場、ざざんざ織「あかね屋」、山梨祇園祭り、法多山尊永寺「万灯祭」、富士山御神火まつり、静岡ゴールデン横丁、青葉おでん街「藤の家」、フジヤマ スノーリゾート イエティ、人形工房「にんぎょっ子」、可睡斎ひなまつり、大井川鐵道、浜松城、興徳寺(富士宮市)。

 朝日新聞社は2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、海外に向けた日本各地のPR事業に取り組んでいくとしています。