(C)Getty Images

デジタル分野で7億900万ドルの収益、次の目標は加入者数1,000万人

5月8日、米ニューヨーク・タイムズが2019年第1四半期の決算を発表しました。
第1四半期の営業利益は前年同期並みの3460万ドル、総売上高は6.1%増の4億3900万ドルです。印刷事業の大幅な落ち込みがあった一方で、デジタル広告とサブスクリプション購読者数の増加により、当初の予想を上回る結果となっています。

有料購読者の人数はデジタルと印刷版の合計で450万人を超え、過去最高となりました。さらに、350万人以上のユーザーが、クロスワードや料理アプリなどを購入、昨年よりも29%増と好調でした。

特にデジタル広告の収益は顕著で、ポッドキャストの好調もあり、19%増加の5,500万ドルとなりました。またサブスクリプション及びデジタル広告からの収益は16%増の1億6,540万ドルです。

昨年は、7億900万ドルの収益をデジタル分野で生み出し、オンラインメディアとして着実に成長をしています。同社は「2020年までにデジタル分野で8億ドル」の目標を設定しており、達成が見込まれたことから「サブスクリプション加入者数を2025年までに1000万人以上に増やす」という、さらに高い目標を設定しました。

ニューヨーク・タイムズの幹部らは「2025年までに1000万人の加入者を獲得するという同社の総合戦略の一環として、加入者の平均収入がやや減少すると予想しているが、そのためには、四半期ごとに平均203,000人の新規顧客を獲得する必要がある。 」とコメントしています。

CEOのトンプソン氏は アナリスト向けの決算説明会で、主要なニュースイベントは引き続き新しい読者を獲得する原動力になっており、タイムズはニュース編集室にさらに投資する計画も発表しました。

さらに同社の株主は、Expediaの幹部であるAmanpal Bhutani氏と論文の製品推薦サイト、Wirecutterを運営しているDavid Perpich氏を新しい取締役に選出。 これにより「ザ・デイリー」の成功を活用して新聞のジャーナリズムをストリーミングに拡大していくとみられています。

画像: (C)Getty Images