SaaS型動画広告自動生成ツール「RICHKA(リチカ)」を運営するカクテルメイク株式会社が、シリーズAラウンドにて、2.1億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。今回の資金調達を通じて、「5G」時代到来に向けて「RICHKA」の更なる拡充とブランディングの強化・パートナー企業との提携・人材強化およびオフィス移転を行い、事業拡大を目指すとしています。

資金調達の目的

近年、通信インフラの整備やモバイルデバイスの普及により、SNSでの動画視聴が定着し、コミュニケーション手段として画像や動画を用いたクリエイティブへの気運が高まっており、国内の動画広告市場は順調に拡大。2020年には「5G(第5世代移動通信システム)」の商用化も予定されており、今後、さらにリッチコンテンツ、特に動画へのニーズが高まるとともに、動画クリエイティブのニーズもますます高まってくると推測されます。

「RICHKA」は、厳選された広告クリエイターが開発した数百種以上のフォーマットを利用し、AIの制作サポートを受けながら知識不要で効果の高い動画を作成することができるSaaS型動画広告自動生成ツール。これまでに累計200社以上が導入し、現在は月間5,000本以上の動画が生成されています。

Advertising

今回の資金調達によって、SaaS型動画生成ツール「RICHKA」において、より誰もが知識不要で高パフォーマンスな動画を低コストで制作できるよう、サービス内容の強化および改善を推進。また、これまで培ったノウハウや蓄積されたデータから得られた見識を活用し、「5G」の本格的な商用化が見込まれる2020年末までに、ハイクオリティでリッチな動画を100万本生成することを目指すとしています。

カクテルメイク株式会社 代表取締役・CEO 松尾幸治氏のコメント

「動画をはじめとするリッチコンテンツの需要が加速する中、情報発信者側の届け方はどんどん難しく、複雑になってきました。今回の資金調達を通じ、「RICHKA」をはじめとするプロダクトの成長を通じて作り方や届け方を科学し、テクノロジーとクリエイティブの力で、世界をもっともっと、ワクワクする場所につくり変えていきたいと考えております。」

■増資引受先

  • Founder Foundry1号投資事業有限責任組合(NOW株式会社)
  • みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合(みずほキャピタル株式会社)
  • 新生ベンチャーパートナーズ1号投資事業有限責任組合(新生企業投資株式会社)
  • 株式会社ドリームインキュベータ
  • MV1号投資事業有限責任組合(マネックスベンチャーズ株式会社)
  • FFGベンチャー投資事業有限責任組合第1号(株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ)