ツイッター、1Q業績は引き続き好調・・・日本が2番目の規模の市場に

米ツイッターは2019年度の第1四半期(1~3月)の業績を発表しました。売上高は7億8700万ドル(前年同期比+18%)、純利益は1億9100万ドル(+24%)と好調でした。広告収益は6億7900万ドル(+18%)、データ販売やその他の収益は1億0700万ドル(+20%)。米国での収益が4億3200万ドル(+25%)に対して米国以外は3億5500万ドル(+11%)でした。

地域別の売上(濃い部分が米国/薄い部分が米国以外)

同社は、マネタイズ可能なDAUをmDAUとして開示していますが、1Qは1億3400万人で前年同期の1億2000万人から大幅に増加しました。米国ユーザーは2800万人、米国以外が1億0500万人となっています。平均のMAUは3億3000万人(前年同期は3億2100万人)でした。ちなみに、同社はmDAUを最重要視していて、MAUの開示は次回以降見送るとしています。

マネタイズ可能なDAU (濃い部分が米国/薄い部分が米国以外)

米国以外の市場はユーザー数が圧倒的に多いものの、広告収益は米国に並ぶほどしかなく、海外市場の成長余地が大きいことが分かります。

同社のCFOであるNed D. Segal氏によれば、ツイッターにとって日本は米国に次ぐ2番目の市場となっていて、全体に占める割合は17%。1Qの売上は前年同期に比べて16%の増加となっていて、米国以外の市場を牽引しています。ツイッターは速報性や拡散性に注力することで昨年から業績が急回復しましたが同氏は「日本を起点に始まった」としています。

また、CEOのジャック・ドーシー氏はツイッターでも不適切なコンテンツに対する積極的なアプローチを開始しているとして、「機械学習を導入することで、個人情報を含むツイートを2.5倍の量を削除できるようになり、実に38%の削除対象が自動的に検知できるようになりました」とコメント。引き続きこの領域に注力すると述べています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事