買収の概要

SalesforceはTableau Softwareを買収するための最終合意にサインしたと発表しました。買収は全額株式交換で行われ、Tableauの普通株式1株がSalesforceの普通株式1.103株と交換されます。これは、2019年6月7日時点のSalesforceの株式の3日間の終値加重平均価格に基づく企業価値157億ドルに相当します。

Salesforceの会長兼co-CEOのMark Benioffは、「私たちは、世界No.1のCRMとNo.1の分析プラットフォームを結び付けることになる。Tableauはユーザーがデータを閲覧し理解する事に役立ち、Salesforceはユーザーのエンゲージと理解を助ける」とコメントしています。

また、co-CEOのKeith Blockは、「Salesforceの成功はユーザーのニーズを予測し、彼らのビジネスを成長させるのに必要なソリューションを提供することに基づいている。データはすべてのデジタル・トランスフォーメーションの基盤であり、Tableauを追加することで、ユーザーはすべてのデータを一覧で表示することが可能になり、より一層のカスタマー・サクセスを実現できる」と述べています。

さらにTableauのプレジデント兼CEOのAdam Selipskyは、「Salesforceの一員となることで、世界中の人々のデータの閲覧と理解を手助けできるようになる。世界No.1のCRM企業の一員として、Tableauの直感的でパワフルな分析力で、何百万人もの人々が組織を超えてインサイトを発見できるようになるだろう」とコメントしています。

Tableauは引き続きTableaブランドのもと展開

Tableaは今後も「ユーザーがデータを閲覧し理解するのを助ける」というミッションを、Salesforceの一員として拡大。買収完了後もTableaはTableaブランドのもとで独立した事業を展開し、同社のミッション、顧客、コミュニティにフォーカスしていきます。

さらに、経営陣もCEOのAdam Selipskyなど現在のメンバーが引き続き担う予定です。