日本経済新聞社は、インドに本拠を置く新興のマーケット速報会社・ニューズライズ社(本社:ムンバイ)の発行済み株式数の25.99%を取得したことを発表しました。両社はつながりをより強め、アジアの取材網を充実させ、アジア現地発の英文ニュースをさらに拡充していきます。

日経とニューズライズ社は2017年4月から共同で配信する英文ニュース「Nikkei Markets(ニッケイマーケッツ)」を通じて、マレーシアや香港、シンガポールで株式マーケットや上場会社の動向を独自取材し、ニュース速報を配信しています。

ニューズライズ社は、インド・ムンバイで2013年に設立した市場ニュース専門の通信社で、インドの外国為替や金利マーケットの動向を配信しています。ムンバイやデリー、コルカタに取材拠点を置き、市場関係者は報道の速さや正確さを高く評価しています。今回、ニューズライズ社は日経から出資を受け入れ、人材やシステムへの投資を増やすとしています。あわせて、日経と共同で手掛けるNikkei Marketsのサービスを東南アジアで一段と強化していきます。

Advertising

一方、日経はアジアのテック企業情報を強化するため、今年4月にはシンガポールの新興メディア、Deal Street Asia(ディールストリートアジア社)の買収を決め、5月には中国のスタートアップ情報サイト「36Kr」とグローバル提携しました。ニューズライズ社への出資も、アジアでの報道を強化する取り組みの一環となります。