電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、世界59カ国・地域から収集したデータに基づいた「世界の広告費成長率予測」を発表しました。

世界の広告費成長率予測は毎年2回、改定と新規予測を実施しています。今回は2018年実績の確定と、2019年・2020年予測の改定を行い、2019年の世界の広告費成長率を3.6%(2019年1月の前回予測3.8%)、2020年を4.1%(前回予測4.3%)と、引き続きデジタル広告が牽引して安定的な成長が続くと予測しています。

デジタル広告が世界の広告市場を牽引

世界のデジタル広告費の成長率は、二桁成長が続く見通しで、2018年の実績は14.9%、2019年予測が11.5%(前回予測12.0%)、2020年予測が11.0%(前回予測は10.8%)となっています。成長が続く主要因は、オンライン動画広告とソーシャルメディア広告の成長です。こうした要因により、デジタル広告のシェアは2019年には4割を超え、2020年には45%に迫ると見込まれています。

Advertising

デバイス別では、モバイルの成長率が21.4%と大きく、2020年には総広告費に占めるモバイル経由の割合が3分の1に迫る勢いです。

世界の総広告費に占めるデジタル広告費の割合は、2018年にはじめてテレビ広告費を上回りました。割合は2019年41.8%、2020年44.5%へと伸長する見通しです。なお、2019年には、対象59カ国・地域のうち26カ国・地域(2018年は21カ国・地域)で、デジタルが媒体別広告費の構成比でトップになると予測しています。

2019年の予測

世界の広告費成長率は3.6%、広告費は6,099億ドルと予測。先行き不透明な経済状況が及ぼす消費活動への影響と中国、ロシア等での成長減速により、前回予測の3.8%から下方修正しています。一方でインド、ブラジル、英国、カナダ等が高成長率で好調を続けていることから、全般的には引き続き安定した成長が見込まれています。さらに2020年の成長率は4.1%と予測され、11年連続成長の見通しとなっています。

媒体別では、世界各地で引き続きデジタルが広告市場成長を牽引。成長率が新聞-7.7%、雑誌-7.4%、テレビ-0.1%となっていますが、屋外/交通広告は4.3%、ラジオは1.7%の成長が見込まれています。予測では、2020年もこうした傾向が続く見通しですが、テレビは0.6%に回復すると予測されています。

日本市場は前回予測に対して大幅に上昇

2018年の広告費成長率は、前回予測の0.2%に対して大幅に上昇し、実績で2.2%となりました。主要因には、想定を上回るペースで伸長したデジタルの運用型広告、マス4媒体社が提供するデジタル広告を追加したことが挙げられます。

2019年は前回予測が0.6%でしたが、2018年の実績を基準に上方修正。1.2%で堅調に成長すると予測しました。運用型広告を中心にデジタル広告が引き続き、14.5%と二桁成長する見通しです。とりわけモバイル(21.2%)、オンライン動画(29.2%)、マス4媒体社が提供するデジタル広告が成長を牽引する見込み。2020年は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等があるため、成長率は2019年を上回る1.8%と予測しています。