ナイル株式会社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」にて、『Twitter』の利用実態に関するアンケート調査が実施されました。

アンケート調査結果概要

Applivはアンケート調査サービスを使用し2019年6月5日〜11日の間で、10代〜60代の男女1,328人を対象にアンケート調査を実施。概要は以下になります。

  • 15〜19歳の85.1%がTwitterアカウントを所有
  • 最も多い利用層は「20代女性」
  • 10代の約7割、20代の約5割が複数アカウントを利用

10代のアカウント保有率は8割超

Twitterアカウントの有無については、全体の61.1%がアカウントを所持していることがわかりました。その中でも10代の保有率が高い傾向にあり、8割を超えています。40代まではアカウント保有率が過半数を超えており、保有率が最も少ない60代でも約4割がTwitterのアカウントを保有していることがわかりました。

Twitterアカウントを保有している人の年代別男女比では、10代〜30代まで圧倒的に女性が多く、20代では約7割が女性となりました。一方で、50代からは女性の比率が極端に減っており、60代では2割以下となっています。

アカウントを複数保有・・・15個保有するユーザーも

前問で「持っている」と回答した812人にアカウント所有数を質問したところ、一人当たりの所有数は「1個」が58.0%で最多でした。所有アカウント数が増えるごとに割合は減りますが、「6個以上」との回答が1.0%あります。なお、「6個以上」と回答した人には具体的にアカウント所有数を記述してもらい、アンケートでの最多保有数は15個でした。

アカウント所有数を年代別にみていくと、複数アカウントを使用しているのは比較的若い世代に多いのがわかります。10代では7割近くが2個以上のアカウントを持っており、「6個以上」の回答があったのは10代と20代のみでした。

40代以上では複数アカウントを所有している割合が極端に減ります。全体で見ると「1個」が最多の58.0%でしたが、年代により隔たりがあります。

リアルな友達とつながる「リア垢」の所有率は42.4%

所有しているアカウントの種類で最も多かったのは42.4%で「リア垢」、その次に「情報垢」の29.8%、「趣味垢」27.1%と続いていきます。(複数回答のため重複あり。総回答数1,609)

「所有しているアカウントでメインで使っているのはどれか?」の質問には「リア垢」が29.7%がトップ。「その他」の自由回答では「何も使っていない」「持っているだけ」という主旨の回答が多くありました。

メインで利用するアカウントを性別、年代別で分けた結果も公表されています。男性の10代と20代では「リア垢」のメイン利用割合が高く、どちらの年代でも半数程度を占めています。

30代以上では「リア垢」をメインにしているのは1〜2割程度とはっきりと差が現れました。

女性でも10代と20代で「リア垢」のメイン利用割合が高いのは変わりません。しかし、男性と比べて「趣味垢」のメイン利用が目立ちます。

「愚痴垢・病み垢」の割合も男性より比較的高く、20代で3.3%、30代で3.8%、40代で2.0%と差があります。

アンケート回答者内訳

性別
男性:695人(52.3%)
女性:633人(47.7%)
合計:1,328人

年代別
15歳~19歳:221人(16.6%)
20歳~29歳:223人(16.8%)
30歳~39歳:221人(16.6%)
40歳~49歳:221人(16.6%)
50歳~59歳:221人(16.6%)
60歳~69歳:221人(16.6%)

職業
公務員:64人(4.8%)
経営者・役員:34人(2.6%)
会社員(事務系):189人(14.2%)
会社員(技術系):170人(12.8%)
会社員(その他):157人(11.8%)
自営業:74人(5.6%)
自由業:31人(2.3%)
専業主婦(主夫):122人(9.2%)
パート・アルバイト:143人(10.8%)
学生:222人(16.7%)
その他:122人(9.2%)