休日の過ごし方、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」を利用…動画&動画広告 月次定点調査

株式会社ジャストシステムが、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年5月度)』の結果を発表しました。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。

今回の調査で休日の過ごし方について聞いたところ、最も多くの回答を集めたのは「ショッピング」(76.3%)、ついで「テレビ」(75.9%)と「掃除や洗濯などの家事」(72.0%)でした。

年代別に見てみると、10代と20代では「動画視聴(動画配信サービス)」を選んだ人が最も多く(10代:85.0%、20代:70.5%)、50代と60代では「テレビ番組視聴」を選んだ人が最も多いという結果になりました(50代:82.5%、60代:85.0%)。

調査期間:2019年5月28日(火)~6月1日(土)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットサーチ Fastaskでのアンケート調査

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,392フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事