fbpx

LINEと弁護士ドットコム、LINE上で弁護士に相談できる新サービスを今秋スタート

LINE株式会社と弁護士ドットコム株式会社は、オンライン法律事業を目的とした業務提携を締結し、2019年秋にLINE上で弁護士に相談できる新サービスを開始します。

新サービスは、LINEの国内月間利用者数8,000万人のユーザーベース、弁護士ドットコムの17,000人の弁護士会員基盤、法律相談データベース「みんなの法律相談」などの一般生活者向けソリューションを展開する法律分野での知見やノウハウを掛け合わせたオンライン相談事業となる予定です。弁護士をもっと身近にし、法律トラブルを相談しやすい環境づくりを目指すとしています。

今回の業務提携に当たって各社の代表は以下のコメントを発表しています。

■LINE株式会社 取締役 CSMO 舛田 淳氏 コメント

LINEでは、これまでも「LINE」のトーク上で直接相談することができる「トーク占い」「トークCARE」を展開してまいりました。そこで重要とされているのは、人と人の最適なマッチングです。法律という専門的な分野において、法律の専門家である弁護士と法律に関する知見を求める人々の橋渡しを行う弁護士ドットコム株式会社と業務提携できることは非常に心強く思っております。両社の強みを活かすことで、悩みを抱えるユーザーと弁護士の出会いを身近にし、皆さまの生活がより便利で快適なものとなるサービスを提供すべく、努めてまいります。

弁護士ドットコム株式会社 代表取締役社長 内田 陽介氏


今回の提携により、ユーザーの皆様が抱えるあらゆる法的トラブルの解決策となる、あるいは解決にむけた足がかりとなる弁護士へのアクセスにつながることで、私たちの理念である「専門家をもっと身近に」という世の中の実現を目指すと同時に、さらなる利便性とサービスの充実のために尽力してまいります。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事