ECモール分析ツールの開発企業「Profitero(プロフィテロ)」は、2019年5月に行った「2019 Prime Day Predictions: Look back, look ahead(2019年プライムデー消費行動予測調査)」の結果を公開。Amazonとメーカーにとって、2019年Amazon Prime Day(プライムデー)は最も売上が期待できるイベントになると発表しました。

調査対象は、アメリカとイギリスに居住するAmazonプライム会員2000名(各国1000名)です。調査によると、Amazonプライム会員はプライムデー期間中に、年々より多く消費をする傾向にあることがわかりました。

プライムデー期間中の会員の行動

今年のAmazonプライムデー期間中に買い物をする予定だという会員の割合を調べたところ、アメリカではAmazonプライム会員の76%が「買い物をする予定」だと回答。買い物をする人の割合が昨年の63%から13%増えています。イギリスでは、67%が「買い物をする予定」だと回答。これは、昨年の52%から15%増加しています。

次に、プライムデーは消費するに値すると考えているかを調べました。その結果、アメリカ62%、イギリスで半数が「消費するに値する」と回答しました。昨年、プライムデーで買い物をした会員を見ると、アメリカで56%、イギリスで53%が「今年はより多く消費するだろう」と回答しています。

他ECモールビジネスへの影響

他ECモールビジネスへの影響を調べると、プライムデー効果が他にも影響を及ぼしていることがわかりました。アメリカ98%、イギリス93%が「プライムデー(7月15日~16日)期間中にAmazonで買い物をする」と回答していますが、その3分の1以上にあたるアメリカ34%、イギリス38%が「プライムデー期間中に他のECモールでもショッピングをするつもりだ」と回答しています。プライム会員の半数以上となるアメリカ58%、イギリス59%は「Amazonでプライムデー商品購入前に他のECモールの価格をチェックする」と回答しました。

今年も最も売れるカテゴリー

次に、プライムデー期間中に買い物をする予定だと答えたプライム会員の購入予定商品を調べました。その結果、ほぼ4分の3にあたるアメリカ71%、イギリス72%が「家電製品を購入する予定」だと回答。「洋服を買う予定」と回答したプライム会員はアメリカ58%、イギリス31%、「家庭用品を購入する予定」と回答したプライム会員はアメリカ56%、イギリス58%でした。

プライムデーの割引・プロモーション価格商品

アメリカ56%、イギリス50%が「もしプライムデー割引価格で売られていたら、普段買わない商品を試し買いするかもしれない」と回答していることから、プライムデーの割引・プロモーション価格商品が消費者にブランド認知を高めるきっかけになると考えられます。

Profitero社CEO兼共同創設者 Vol Pigruksh氏コメント

メーカーにとって、プライムデーは、開催期間以上に長く恩恵を受けられる、贈り物のようなイベントといえるだろう。実際、昨年のプライムデー期間中、トラフィックを大きく伸ばした商品のうち66%が、プライムデー期間後少なくとも2週間後までトラフィックにおいて上昇傾向を維持したことが確認されている。