DACは、中国のデジタルマーケティングソリューション企業のiClick Interactive Asiaと技術開発における独占戦略パートナーシップを提携した事を発表しました。

これにより両社は、iClickの持つ高品質かつ膨大なデータを利用したソリューションの提供を開始、DAC独自のクロスボーダーマーケティングプラットフォームを共同開発するとしています。

提携により、マーケティングプラットフォームを共同開発

今回のパートナーシップにより、両社はクロスボーダーマーケティングプラットフォームの共同開発に合意しました。これに先駆けてDMP/ダッシュボード「iAudience」およびDSP「iAccess」を提供するとしています。これにより、配信から効果測定までを一気通貫で行い、企業の訪日および中国越境マーケティングを支援、課題解決に貢献します。

■ DMP/ダッシュボード 「iAudience

iClickの保有する、検索データ6.3億UU、サイト閲覧データ40万サイト、ソーシャルデータ4.5億UU、EC&アドデータ2,000以上の膨大なデータに、DACの保有する訪日・在日外国人のオーディエンスデータ、3rd Partyデータを組み合わせた、統合的なクロスボーダーDMPです。国内外の潜在顧客層を抽出し、高い成果を生む一気通関のデータマネジメントを提供します。

加えて、顧客企業が持つ独自のデータを組み合わせる事も可能で、これにより一層の広範囲かつ高精度な統合データマーケティングの実現が可能です。

「iAudience」は、ユーザーや自社製品、ブランドの客観的な評価、ユーザーのインサイトをグラフィカルに表示することができ、自社がターゲットとすべきユーザーを広告配信用オーディエンスデータとして活用できます。

■DSP「iAccess」

「iAudience」で生成したオーディエンスデータを活用し、7.4万のアプリ、260万のWebサイト、月間2000億impの接続SSPに広告配信することができるDSPで、iClickを通じてこれまで日本からの買い付けが困難だった中国系プレミアムメディアも直接購入することができるとしています。
また、越境ECマーケティング事業者に対し、大手ECプラットフォームの保有するDSPと連携し、EC店舗への誘導も効果的に実現でるといいます。加えて、ユーザーデータの取得分析および広告配信データ等をダッシュボードで可視化し、効果計測から配信の最適化までを行うものです。

【iClick Interactive Asia 概要】
本社所在地 15/F Prosperity Millennia Plaza, 663 King’s Road, Quarry Bay, Hong Kong
設立 2009年
事業内容 プログラマティック広告配信プラットフォーム、デジタルマーケティングプラットフォームの開発、販売

【デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 概要】
代表者 代表取締役社長CEO 島田 雅也
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
設立 1996年12月
事業内容 メディアサービス事業、ソリューションサービス事業、オペレーションサービス事業