ヤフー株式会社が2日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高2386億3400万円(前年同期比2.9%)、営業利益361億6400万円(▲24.0%)、税引前利益413億6000万円(▲14.7%)、親会社株主に帰属する四半期純利益273億7900万円(▲16.2%)となりました。

営業利益は、売上収益の増加があったものの、減価償却費及び償却費、販売促進費および人件費が増加したことや、一過性の要因として、前年同四半期に(株)IDCフロンティアの売却益があったこと等により、前年同期比で減少しました。

コマース事業では、アスクルグループや一休における売上収益が増加したことや、「Yahoo!ショッピング」における広告売上収益が増加したこと等により、コマース事業の売上収益は前年同期比で増加しました。また、eコマース取扱高は、前年同期比で5.4%増の4,756億円となりました。以上の結果、当第1四半期連結累計期間のコマース事業の売上収益は1,658億円、営業利益は168億円となり、全売上収益に占める割合は69.5%となりました。

メディア事業では、プレミアム広告の売上収益が、営業施策の効果により増加したこと等に伴い、広告関連売上収益は前年同期比で増加しました。一方、スマートフォンアプリのプロモーション費用の増加等に伴い、営業利益は前年同期比で減少しました。以上の結果、当第1四半期連結累計期間のメディア事業の売上収益は722億円、営業利益は349億円となり、全売上収益に占める割合は30.3%となりました。

今期の通期業績予想は、売上高1兆円~1兆0200億円、営業利益1406億円~1500億円、親会社の所有者に帰属する当期利益790億~850億となっています。

※本記事は決算AIによって生成されました