ディズニーは、自社が保有していたYESネットワークの株をYankee Global Enterpriseを含む投資グループへ売却。同投資グループは、Yankee Global Enterpriseが所有していないYESネットワークの株式80%を、34億7,000万ドルで取得したと発表しました。

YESネットワークは、2002年に開局したスポーツ専門チャンネルで、主にメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースと、NBAのブルックリン・ネッツの試合などを放送しており、世界で最も価値のあるスポーツビジネスです。

投資グループの発表によるとYankee Global EnterpriseとSinclair Broadcast Group、Amazonが同グループには参画。この三社は戦略的なパートナーシップとして、それぞれの強みを活かしていくとしています。

Yankeesは、世界中のファンを魅了するコンテンツの開発やマーケティングに貢献、SinclairはYESネットワークのチームと協力して、配信関係のマネジメントを行うとのことです。

Yankee Global EnterprisesのCEOであるHal Steinbrenner氏は「パートナー企業とともに、世界中のファンがスポーツコンテンツを配信し、利用する方法を大幅に拡大することを楽しみにしています。」 とコメントしてます。