fbpx

ディズニーがスポーツ専用チャンネルを運営するYESネットワークの株を売却・・・アマゾンらの投資グループが取得

ディズニーは、自社が保有していたYESネットワークの株をYankee Global Enterpriseを含む投資グループへ売却。同投資グループは、Yankee Global Enterpriseが所有していないYESネットワークの株式80%を、34億7,000万ドルで取得したと発表しました。

YESネットワークは、2002年に開局したスポーツ専門チャンネルで、主にメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースと、NBAのブルックリン・ネッツの試合などを放送しており、世界で最も価値のあるスポーツビジネスです。

投資グループの発表によるとYankee Global EnterpriseとSinclair Broadcast Group、Amazonが同グループには参画。この三社は戦略的なパートナーシップとして、それぞれの強みを活かしていくとしています。

Yankeesは、世界中のファンを魅了するコンテンツの開発やマーケティングに貢献、SinclairはYESネットワークのチームと協力して、配信関係のマネジメントを行うとのことです。

Yankee Global EnterprisesのCEOであるHal Steinbrenner氏は「パートナー企業とともに、世界中のファンがスポーツコンテンツを配信し、利用する方法を大幅に拡大することを楽しみにしています。」 とコメントしてます。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事