MIの9月特集は「メディアと食の未来」と題して、メディアやテクノロジーの進化によって変わりつつある、「人と食の関係」にフォーカスします。この領域に取り組むキーパーソンのインタビューを掲載していくほか、9月25日(水)にはイベントも開催します

元セブン&アイHD取締役CIO(最高情報責任者)を務めた鈴木慎介氏は飲食産業にもデジタルトランスフォーメーションの波がきていると言います。同氏は「yext」という店舗情報の管理プラットフォームで密かに日米で大手企業が次々に採用するソリューションの展開も手掛けています。同氏への取材と、イベント登壇も実現。

さらに特集では、Uber Eatsで注目を集めているゴーストレストランに取り組む「筋肉飲料」や、トークンエコノミーでグルメSNSの新領域を開拓する「シンクロライフ」、日経新聞が取り組むお弁当の宅配サービス「QUIPPA」、飲食店探しで存在感を増している「Google Maps」、食やレシピのメディアとして存在感を増している「macaroni」、実名制の口コミで快進撃を続ける「Retty」などを取り上げます。

今月のイベントは9月25日(水)に開催

毎月開催の「Media Innovation Meetup」も 「メディアと食の未来」として、特集に参加いただいた4社をお招きして、開催します。メディアやテクノロジーの進化によって変わりつつある、人間の根幹の欲求の一つである「食」と人間との関係について、ヒントを得られる場となりますので、ぜひご参加ください。

登壇いただくのは、Uber Eatsを活用した実店舗を持たないゴーストレストランとしてプロテインスムージーの販売にチャレンジする「筋肉飲料」の安原莞太 代表、利用することによってトークン(仮想通貨)が溜まっていくグルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKANの神谷知愛 代表取締役、日経新聞がスタートした弁当の取り置きサービス「QUIPPA」を展開する日本経済新聞社 ID・事業企画グループの瀧島伸篤氏、株式会社バカン Program Managerの鈴木慎介氏、元セブン&アイHD取締役執行役員CIOで、株式会社デジタルシフトウェーブ代表取締役、店舗の情報を一元管理するプラットフォーム「yext」の最高顧問などを務める鈴木康弘氏らです。

また今回は「Media Innovation #8 食とメディアの未来 ゴーストレストラン、トークン✕食SNS、日経が作った弁当サービス!? Sponsored by pasture」として、 エン・ジャパン株式会社の展開するフリーランスマネジメントツール「pasture」のスポンサードで、いつもよりチケット価格を抑えて開催させていただきます。 メディア運営でも活用できるサービスですので、こちらもぜひチェックしてみてください。

■概要
Media Innovation #8 食とメディアの未来 ゴーストレストラン、トークン✕食SNS、日経が作った弁当サービス!? Sponsored by pasture
日時 2019年9月25日(水) 19:00~22:00
会場 TIME SHARING秋葉原 〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目15−18 奥山ビル 8階
主催 株式会社イード

■スケジュール
18:30 開場
19:00 開演、主催者挨拶
19:05 各登壇者からプレゼンテーション
    筋肉飲料 安原莞太 代表
    株式会社GINKAN 神谷知愛 代表取締役
    日本経済新聞社 ID・事業企画グループ 瀧島伸篤氏、株式会社バカン Program Manager 鈴木慎介氏
     株式会社デジタルシフトウェーブ 鈴木康弘 代表取締役
20:15 パネルディスカッション
20:50 懇親会
21:45 終了

チケットはPeatixで販売中です。

サロン会員の皆様には1000円引きのクーポンコードを配布しています。下記からぜひ入会ください。