インターネットメディア事業および広告プラットフォーム事業を展開するベライゾンメディア・ジャパン株式会社が、プレミアムネイティブ広告の強化を目的に、MSN面の配信提供を開始しました。

同社のネイティブ広告メニューは、グローバルで約5年前から旧米Yahoo製の広告プラットフォームにて提供を開始し、検索連動型広告と並ぶダイレクトレスポンス型の商品として各国で高いパフォーマンスを発揮されています。

同社のネイティブ広告メニューの主な配信先は、TechCrunch、Engadget、AOLニュース等をはじめとする自社メディアや、MSN、ハフポスト、米Yahoo(*2)等のパートナーサイトやアプリ、そして3rd partyのプレミアム媒体で、日本国内のみならず海外へも幅広く配信可能です。

同社、セールス&ストラテジー本部 本部長の橘 浩之氏は次のように述べています。
「グローバルでは2万アカウント以上の配信実績のあるプレミアムネイティブ広告メニューを、日本国内でもより一層強化しサービス提供することができ、嬉しく思っております。自社メディアおよびパートナーサイトの高品質かつビューアブルな独自在庫を特徴とし、ユーザビリティを損なうことなく、高い広告パフォーマンスを期待頂けます。本メニューのローンチにより、広告主様のマーケティング活動の一助となれば幸いです」

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました