株式会社ミクシィが、株式会社ネットドリーマーズの全株式を取得し子会社化すると発表しました。買収金額は開示されていません。

ネットドリーマーズは競馬メディア「netkeiba.com」の運営が主力事業で、月間のユーザー数が約870万人、PVが10億を誇ります。JRA全レースの出馬表やオッズ・予想、ニュース、コラム、競走馬50万頭以上の競馬データベース、コミュニティなどを提供しています。1999年12月15日の運営開始から今年でちょうど20周年を迎えるとのこと。また、『チキチキダービー』など3種類の競馬ゲームも展開しています。

同社では競馬以外にもベースボール・マガジン社と提携した野球メディア「週刊ベースボールONLINE」、実業之日本社と提携したゴルフメディア「ワッグルオンライン」、サッカー専門誌と連携した「速報!サッカーEG」などの事業も展開しています。

直近の2019年3月期の売上高は29億円、営業利益6.5億円と急速に事業を拡大しています。

一方のミクシィはゲームが主力ですが、バスケットボールのBリーグ所属「千葉ジェッツふなばし」の子会社化、プロ野球の「東京ヤクルトスワローズ」の大型スポンサード、サッカーJ1の「FC東京」への出資などスポーツ領域に積極的に進出しています。また、今年2月には競輪やオートレースに投票するサービス「チャリロト.com」の買収も行っています。

ネットドリーマーズの買収を通じて、さらにスポーツ領域を伸ばしていきたいとしています。