株式会社CARTA HOLDINGS のグループ会社である株式会社サイバー・コミュニケーションズ(以下 CCI)が、株式会社デジタルインファクトと共同で行ったデジタルサイネージ広告市場に関する調査の結果を発表しました。

調査の結果、2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749 億円の見通し(前年比113%)となり、2023年予測は、2019年比1. 7 倍の 1,248億円になるとのことです。

デジタルサイネージ広告の普及

スマートフォンの普及による生活者の消費行動の変化や、企業サービスのデジタルトランスフォーメーションの進展とともに、近年、公共サービスや商業施設、屋外などにおいてデジタルサイネージが普及しています。

国内のサイネージ関連の広告市場では、ITテクノロジーとサイネージを活用した、直接的な広告効果が可視化された広告プロモーションに対する需要も高まっているとCCIは発表しています。

市場規模、2023年には約1.7倍

2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円と推測され、内訳は、交通機関が480億円(全体の64.1%)、商業施設・店舗が98億円(13.1%)、屋外が87億円(11.6%)、その他が84億円(11.2%)と予測されています。

交通機関については、首都圏、関西圏など都市圏で普及。駅関連施設では、主要ターミナル駅における再開発や施設の改良を機に大型サイネージの導入が進んでいます。バスや空港施設では、今後、自治体との取り組みや施設の民営化などにより中長期での普及が期待されるとのことです。

タクシーサイネージ3倍の75億円に

タクシーは、2016年以降タクシー事業者と広告事業者の事業連携が進んでおり、首都圏を中心に急速な普及が見られました。法人向けサービスを提供する広告主からの高い支持を受け、需要が急増。2019年の市場規模は24億円と推計され、2023年には約3倍の75億円規模に達するとよそくされています。

その他、主要ターミナル駅を中心とする屋外や、エレベーター、大規模マンション、映画館(シネアド)など、様々なロケーションにおいて新たな需要の掘り起こしが期待されるとしています。

【調査概要】
・調査対象:デジタルサイネージ広告関連事業者
・調査手法:サイバー・コミュニケーションズ及びデジタルインファクトが保有するデータ、公開データ、デジタルサイネージ広告事業にかかわる企業へのインタビュー調査
・調査時期:2019年8月~10月
・調査主体:株式会社サイバー・コミュニケーションズ
・調査実施機関:株式会社デジタルインファクト