noteを提供する株式会社ピースオブケイクが、noteクリエイター支援プログラムのパートナーシップをインプレス、光文社、晶文社、ハーパーコリンズ・ジャパン、BLOGOS、山と溪谷社(50音順、敬称略)と新たに締結したことを発表しました。

これにより、noteのクリエイターが活躍する場を広げる支援を目的とした本プログラムのパートナーは、合計59となりました。

noteクリエイター支援プログラムの実績

本プログラムをきっかけに、noteクリエイターから書籍デビューする方が次々生まれています。

「定番の“当たり前”を見直す 新しい料理の教科書」(樋口直哉・著、マガジンハウス)が2019年1月に刊行。noteで話題をあつめcakesでも連載中の日常系ギャグ漫画「おばさんデイズ」(まめ・著、扶桑社)、note 主催のクリエイターコンテストで入賞してcakesで連載したエッセイ「山小屋ガールの癒されない日々」(吉玉サキ・著、平凡社)、「つま先立ちのサンちゃん」(たなかれもん・著、扶桑社)の3冊が2019年6月に刊行。「あたいと他の愛」(もちぎ・著、文藝春秋)が2019年11月に刊行されました。

コンテンツの販促ノウハウを共有してクリエイターをサポート

noteで公開された「2017年後半に感動したビジネスモデルまとめ10個」の記事をきっかけに書籍化され、現在11刷の重版も決定している「ビジネスモデル2.0図鑑」(近藤哲朗・著)では、書籍の予約販売開始に合わせて note に書籍の内容を全文掲載するといった試みもなされ、大きな反響を得ています。noteはコンテンツの販促ノウハウもパートナーと共有しながら、クリエイターの創作活動をサポートしていくとしています。

noteは新たなパートナーを迎え、さまざまな強みを持つパートナーとともに、今後も創作を続けやすい環境づくりをしていくとのことです。