株式会社アドバンスト・メディアは、同社の音声認識ソフト「AmiVoice Ex7 Business」が、一般社団法人共同通信社のスポーツ報道写真のキャプション入力に採用されたことを発表しました。今回の導入は株式会社Tooと共同で行われます。

スポーツ報道写真のキャプションに自動音声入力を採用

国内外のニュースを取材、編集して全国の新聞社や放送局、海外メディアに配信してきた共同通信社が、スポーツ報道写真のさらなるスピード配信と業務効率化のため、アドバンスト・メディアの音声認識ソフト「AmiVoice Ex7 Business」の採用を決定しました。

スポーツイベントや事件事故現場から説明付きで素早く写真を送信するため、共同通信社では2018年のサッカーW杯ロシア大会から、撮影した写真のキャプションを音声で吹き込む運用を始めました。

W杯など大きな国際大会では、1試合で500枚以上の写真が出稿・配信されており、集中力とスピード感が求められる文字入力は肉体的負担が大きいことや、担当デスクがテレビで実況を聞きながら作業することが多いため、音声をテキストに変換して欲しいという要望が出ていたことなどが背景にあります。

音声入力により作業の効率化・スピードアップが実現

音声認識ソフト「AmiVoice Ex7 Business」は、話した内容をそのままSFA・CRM等に入力できるスタンドアローン型のWindows向けソフトウェアです。本ソフトの導入により、カメラマンの声を自動で文字化し、その変換結果を元に写真内容の確認、選別、選手の特定、説明文の編集といった作業を効率的かつスピーディに行うことができるようになりました。運用は2019年ラグビーW杯日本大会から開始しています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、国内外で開催される競技大会は今後も増加が見込まれ、共同通信社では音声認識技術の更なる活用拡大を検討しているとのことです。また、アドバンスト・メディアでは、製薬業界や金融業界など幅広い業種・業態での更なる音声入力の普及を目指し、今後も積極的な製品開発やサービス提供に取り組んでいくとしています。