早いものでもう年の瀬。皆様にとって2019年はどのような一年だったでしょうか? 2019年1月にオープンしたMedia Innovationも最初の一年を終えようとしています。これまで10回の特集企画、13回のイベントを開催し、多くのメディア業界のキーパーソンを取材してきました。12月特集は「メディア業界2020年の展望」という事でこれまで登場いただいた皆様にメッセージをいただきました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-2-1024x530.png です

Media Innovation Academyのエグゼクティブインタビュー企画で、メディア業界のCEOを取材いたしました。オンラインサロン、ポップアップストア、ウェディングドレス、婚姻届、スクールビジネスなど、メディアのブランド事業を様々展開してきた4MEEE・坂梨亜里咲元社長に2019年の振り返りと、2020年に向けての展望を聞きました。

2019年はメディア業界、またご担当のメディアにとってどのような年だったでしょうか?

新しくスタートするwebメディアは一時期より減少したように思いますが、Instagramでの情報発信をメインにしたメディアの新出は多く見られました。既存メディアにおいては、オンラインサロンやD2Cをスタートするwebメディアが印象的でした。ある程度SEOに注力しきって、SEOでは測れないブランド価値の創出にシフトしているメディアも見受けられました。4MEEE、4yuuu!においてもブランド価値の維持・向上を意識しており、オンラインサロンや、新しいジャンルのリアルイベントを企画・運営しました。

これからのメディアに求められること、直面する課題はどういったことでしょうか?

どんな時も継続して情報を発信していく忍耐力、他メディアでは得られない情報を提供するための企画力と表現力は引き続き大切にしたいと考えています。女性向けメディアでよく相談を受けるのが、時間とお金においての適正なコストバランス。手間ひまをかけてコンテンツを作り上げても、収益部分が見合わないと継続は難しいものです。ユーザー、クライアント、そして運営会社においてのwin-win-winを実現する画期的で斬新なメニュー設計は、どのフェーズのメディアにおいても課題となるのでは。

2020年に取り組みたいと考えていることはどういったことでしょうか?

2020年はスポーツイヤー。大人の事情でダイレクトに伝えていくのは難しいかもしれないが、媒体ならではの切り口でユーザーがより興味・関心を持つような企画を行っていきたいところ。個人的には、女性ならではの健康問題をサポートするfemtech領域に挑戦します。6年間、webメディア(記事コンテンツ)において世界観やコミュニティ作りに注力してきた経験を生かしたいです。

読者の方にメッセージがあればお願いします。

メディア運営に携わって6年。まだ6年ですが、webメディアの歴史はスピードが早く激動です。たくさんのwebメディアが生まれては、去っていくのを目の当たりにしました。そんな時代で、私が携わっているメディアが生き残り続けているのは奇跡だなと感謝することもしばしば。メディア運営は思ったよりもちまちましていて華やかなシーンはほんの一瞬。もちろん機械的に整えないといけない部分もあったり、ロジカルシンキングも必要ですが、私は同じくらいエモーショナルを大切にしてきました。しっかりした軸を持った運営者の愛情が溢れるメディアは、雨にも負けず風にも負けず突然のアップデートにも負けないと信じています。