早いものでもう年の瀬。皆様にとって2019年はどのような一年だったでしょうか? 2019年1月にオープンしたMedia Innovationも最初の一年を終えようとしています。これまで10回の特集企画、13回のイベントを開催し、多くのメディア業界のキーパーソンを取材してきました。12月特集は「メディア業界2020年の展望」という事でこれまで登場いただいた皆様にメッセージをいただきました。

2019年は音声メディアに大きな注目が集まった一年でした。Media Innovationでも、5月特集として「音声とメディアの未来」を実施。日本で注目されるキーパーソンの皆さまを取材しました。その中の一社であるオトナルは、音声広告の領域にチャレンジしています。 八木太亮社長に2019年の振り返りと、2020年に向けての展望を聞きました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-2-1024x530.png です

2019年はメディア業界、またご担当のメディアにとってどのような年だったでしょうか?

音声メディアのコンテンツ面、広告マネタイズの環境が整い始めた1年だったと感じています。

マネタイズの面ではSpotifyやRadikoのデジタル音声広告(オーディオアド)の販売に大手代理店が本腰を入れ始めたことにより、広告主がデジタル音声広告に興味を持ち国内の広告出稿事例や実績が増えてきました。

また音声広告のプログラマティック化が始まったことにより、SNS広告やディスプレイ広告のようなデモグラや位置情報でのターゲティング出稿が可能になり、音声広告の性能向上による可能性が国内でも示されはじめました。

これによりこれまで日本国内ではほとんど市場が存在していなかったデジタル音声広告の市場が動き始めた1年だったと思います。

音声メディアのユーザー規模や発展という意味では日本国内はまだまだ未成熟ですが、Google HomeやAmazon echoなどのスマートスピーカーの利用者増加やAppleのAirPodsの発売など、音声コンテンツのハードウェア面での聴取環境の成長がありました。

また音声コンテンツの流通チャネル、プラットフォームの動向に注目すると、iTunesからポッドキャストのアプリを分離し単独アプリとしてリリースしたApple、複数のスタートアップを買収しポッドキャストに本腰を入れ始めたSpotify、「ポッドキャスト検索」を自社検索エンジンに実装したGoogle、とグローバルのプレイヤーが音声メディアとしての「ポッドキャスト」に本腰を入れていくことを示す出来事が多くありました。

これによりハード面、ソフトウェアのチャネル面において、音声コンテンツを一般ユーザーが聴取するインフラ環境が整った1年であったと感じています。

これからのメディアに求められること、直面する課題はどういったことでしょうか?

音声メディア、特に音声広告に関してお話します。

グローバルでは成長の兆しを見せ、市場も形成されつつある音声広告ですが、日本国内に限っては、コンテンツ・メディア側が未成熟なこともあり、それと連動してマネタイズの面がまだ確立されきっていない点が課題です。

これはニワトリとタマゴのような話で、魅力的なコンテンツとユーザーが増えメディアが整わなければ広告の価値が上がらず、一方で広告主や広告マネタイズがなければメディアが発展することはありません。

音声広告の広告主の視点で言えば、音声広告をどのような効果指標で出稿し評価すればいいのかすればいいのかわからないということが挙げられます。

そのため音声メディア側はユーザーを増やすことでメディアとしての価値を上げていくこと、一方のマネタイズ側の視点では広告のマネタイズ手法を確立していくことが求められています。

2020年に取り組みたいと考えていることはどういったことでしょうか?

実施していきたいことは2つあります。

1つ目は音声メディアのマネタイズのために、デジタル広告としての音声広告の性能を上げていくことです。

広告主が音声広告を出稿する際の課題である出稿における評価指標の明確化、音声広告にしかできないことの提示を、テクノロジーを駆使して実施していきたいと考えています。

音声広告には、ブランドリフト計測で見たときのブランディング・認知向上性能の高さ、位置情報ターゲティングによるオフライン来店や購買との相性の良さ、Spotify広告に実装されている車中ターゲティングなど、音声ならではの特徴があります。

音声広告の強力な性能をさらに引き出して音声広告市場の発展に寄与して行こうと考えています。

2つ目は、現在すでに音声コンテンツを持っている音声パブリッシャーと一緒に、既存の音声コンテンツを利用したデジタル音声広告によるマネタイズの可能性を広げて行きたいと考えています。

読者の方にメッセージがあればお願いします。

2020年はかつてのインターネット動画広告がそうであったように、1兆4000億円のインターネット広告費の中のシェアをデジタル音声広告が少しずつ広げていくことになるでしょう。

我々はデジタル音声広告のアドテク企業として、すでに音声コンテンツをお持ちのラジオ局やポッドキャスター、音声アプリといった音声パブリッシャーとの協同で広告市場におけるデジタル音声広告の可能性を示していきたいと考えています。

2020年は一緒に協働できる音声メディアさんとの取り組みも増やしていく予定ですので、ご興味があれば弊社オトナルまでぜひ気軽にご相談ください。

一緒にデジタル音声広告の市場を盛り上げていければと思います。