ユナイテッド株式会社が31日に発表した2020年3月期 第3四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年12月31日)は、売上高159億8400万円(前年同期比▲30.3%)、営業利益32億6700万円(▲71.0%)、経常利益32億2300万円(▲71.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益4億200万円(▲94.5%)となりました(決算短信)。

中期経営計画「UNITED2.0」の「集中期」にあたる当第3四半期連結累計期間においては、新規事業やプロダクトへの投資を継続する一方で、来期以降の成長の足場固めを行うべく、事業ポートフォリオの整理及び注力事業の絞り込みをすすめています。

アドテクノロジー事業は、アプリ広告領域において、アプリ特化広告配信プラットフォーム『ADeals』、動画広告配信プラットフォーム『VidSpot』を提供し、ウェブ広告領域において、SSP『adstir』、DSP『Bypass』、アドネットワーク『HaiNa』を提供してます。当第3四半期連結累計期間は、アプリ広告領域における売上高が増加したこと、及びウェブ広告領域を中心にプロダクト間の連携強化や運用体制の効率化といった収益性改善施策に引き続き取り組んだこと等により、売上高は4,851,890千円、セグメント利益は415,797千円と増収増益となりました。

ゲーム事業は、スマートフォン向けアプリにて提供するゲームからの課金収入を事業の柱として、既存タイトルである『クラッシュフィーバー』及び『CocoPPaPlay』に加え、2020年1月20日に提供を開始しました新規タイトル『CocoPPaDolls』の開発を進めてまいりました。当第3四半期連結累計期間は、既存タイトルのリリース後の経年による売上高の逓減、前連結会計年度にリリースした複数タイトルの不振及び新規タイトルの開発投資が増加したこと等により、売上高は1,749,125千円、セグメント損失は783,796千円と減収減益となりました。なお、前第3四半期連結会計期間より連結子会社化したトライフォートは、当社グループ入り以降にリリースした新規ゲームタイトルの不振が続き、当初の目的が達成困難であると判断したため、ゲーム以外のアプリ開発事業を分社化しその全株式を取得の上、分割後のトライフォートの全株式を譲渡することとしました。

コンテンツ事業は、スマートフォン向けアプリやウェブサイトを通した様々なサービスを提供しており、連結子会社であるキラメックス及びフォッグは、主力事業のさらなる成長と周辺領域への展開に注力してます。当第3四半期連結累計期間は、キラメックスが好調であること等により、売上高は4,144,446千円と増加したものの、Smarprise及びアラン・プロダクツにおけるビジネスモデル転換や新規事業開発の遅延により、セグメント損失は485,779千円と増収減益となりました。Smarpriseは、国内スマートフォンゲーム市場等外部環境の変化もあり、より事業シナジーの高い企業のもとで事業成長を目指すことが最善の選択肢であるとの結論に至り、全株式を譲渡することとしました。アラン・プロダクツは、既存事業の事業環境の変化及び新規事業の進捗状況を踏まえ、継続的な経営資源の投下は困難と判断し、同社については解散を決定しました。また、同社の子会社であるラップスについては全株式を譲渡することとしました。

インベストメント事業は、主にシード/アーリーステージを中心としたベンチャー企業への投資を行ってます。当第3四半期連結累計期間は、投資先の営業投資有価証券を売却したこと等の影響により、売上高は5,287,210千円、セグメント利益は4,879,492千円となりました。

今期の通期業績予想は、売上高205~215億円(前年同期比△%)、営業利益50億円(▲54.9%)、経常利益49億円(▲55.7%)、純利益0円(%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました